こんばんは。

クリスマスを無事に過ごした我が家の風景です。

今年のクリスマスプレゼントにサンタさんから

1歳の息子へMICKI汽車スタンダードセット

をもらったのですが

そのセットを出して以来  息子は汽車を

両手に握り締めて家中をウロウロして

かなり気に入った様子です。

 

娘も自分用のプレゼントも気に入ってますが

汽車も気になるようで  もうすぐ4歳になる娘

レールの繋げ方を考えながら連結。

バラしては連結。他のものと融合させる…を

繰り返して  日々進化させています。

 

そんな今日の寝る前の家族の時間です。

「トンネルを作る!」と静かになった娘。

imageレンガ積み木を積み始めてトンネルを作りました。

レンガ積み木でトンネル

福岡亜矢子

福岡亜矢子

image

 

おはようございます。

デポースタッフ藤本です。

 

少し前なのですが4年生の末っ子長男が

部屋の片付けをしていた時に

懐かしいものが沢山出て来たので

少し写真を撮らせてもらいました♪

 

それが一枚目の写真のアイロンビーズ

幼稚園の頃エルマーが大好きだった息子。

夜寝る前に読んでた本は?と聞かれると

エルマーが1番最初に頭に浮かびます。

 

長女が小さな頃からアイロンビーズは

家族で楽しんでいた遊びの一つでした。

 

image

 

なので今でも好きな物なんかは

作りたくなってしまうみたいで

まだまだ我が家では大活躍しています。

 

子どもたち3人それぞれ思い出の品があり

今でも個々で大切に保管しています。

 

息子はこんな風にケースに思い出の物を

溜め込んでる様子。。。

 

image

 

折り紙や手紙と一緒にアイロンビーズも。

特にお気に入りのものを

写真に撮らせてもらいましたよ♪

 

■恐竜とワニ

image

 

 

■大好きな動物

image

 

 

■大好きな消防車と救助車

image

 

 

■大きな手裏剣と時計

image

 

 

■子どもたちのオリジナルキャラクター(笑)

image

 

小さなビーズから好きな物を形にする喜び

楽しみ、幸せは成長してからも

何か作れそう!形にしてみたいという

様々な気づきに繋がっていると思います。

 

冬はあったかいお部屋で家族で

アイロンビーズを楽しみませんか?

 

お問合せは 木のおもおちゃデポー 088-656-0636

ホームページからもご注文頂けます

 

 

藤本志保

藤本志保

こんにちは

デポーの立石です。

 

こどもたちへの贈り物

いろいろ考えるのは

楽しいですね。

 

贈り物を開けた時、

こどもたちの顔が

光りに照らされたように

パッと明るくなるのを

見たくて

いろいろと妄想を巡らす毎日

 

そんな私のおすすめ!

 

赤ちゃんへのおくりもの

 

あひる

 

ノルディックバスケットに

かわいいをいっぱいつめこんでみました。

 

ドイツのひっぱるおもちゃ【あひる】

オーガニックコットン【チェリーピロー】

ネフ(naef)社のガラガラ・【ティキ】

ドイツ セレクタ社 【アルバム 動物】

 

 

ひつじの形のチェリーピロー、

中にはサクランボの種が入っています。

種は中が空洞のため、

加熱すれば温かい空気が、

冷却すれば冷たい空気が閉じ込められ、

種殻がゆっくり温度を吸収

抜群の保温力、保冷力を維持してくれます。

今の時期、寝る前に布団を温めるのにいいですね。

温める時は電子レンジで、

冷やす時は冷凍庫で 、

使い方はとても簡単です。

女の子へのおくりもの

 

うさぎ

 

かごにいっぱいの贈り物を

もらうってうれしいな!っと思い

こちらもノルディックバスケットに

『女子』をいろいろつめてみました。

 

ケーセン(Kosen)社 【うさぎのこ】

【トランスパレントペーパー】

【トランスパレント ガイドブック】

エバマリア・オットーハイドマン

カードゲーム 【カルテット グリム】

おままごとニンジン

 

 

寒いこの時期こそ

贈り物といっしょに

あたたかな言葉も

プレゼントしましょ♪

 

すてきな年末をお過ごしください。

 

お問い合わせは デポー

088-656-0636

 

 

 

立石綾子

立石綾子

 

こんにちは、デポー小谷です。

 

 紹介するのは、北の住まい設計社の家具です。

工業製品ではなく次の世代に引き継ぐ道具に

仕上げるというのが北の住まい設計社の基本の想いです。

 

素材の調達から仕上げまでのすべてを自社で行い、

昔ながらの工法を使って丁寧に家具を生み出しています。

 

北の住まい

スタディシリーズ

スタディデスク チェア  キッズキャビネット

 

木にも人間と同じようにそれぞれに個性があり、

無垢の木材を使うので、職人さんの手仕事には

高い技術が必要です。

 

私が驚いたのは、色々な工法で木の呼吸を

妨げないように工夫していることです。

無垢の木は、家具になっても生きているので

空気中の水分に自らの含水率を合わせようとします。

室内の湿度が高いと、木はその水分を吸おうとし、

逆に湿度が低いと持っている水分を出そうとします。

これが呼吸です。

 

木が伸び縮みしても大丈夫なように、接着剤を使わずに、

はめ込んでいるだけのところもあるのには本当に驚きました。

 

有機溶剤を含まない天然塗料を使って仕上げているので

木の表面をふさがず、呼吸が続けられます。

 

北の住まい、トリップ

 

スタディデスク スタディチェスト 

トリップトラップチェア

 

ずっと修理ができるので、ご家族と一緒に暮らした分だけ、

表情も豊かに味わいを増してゆくことでしょう。

次の世代まで永く使い続けられる素晴らしい家具です。

 

子どもの成長と同じように、豊かに変化していく

家具との暮らしはきっと幸せな時間。

あたたかく豊かな時を、あなたにも ぜひ!

 

こちらにご紹介した、スタディデスクシリーズは、

2015年3月の受注をもって、生産終了となります。

今しか手に入らない北の住まいのスタディデスク、

いつかは欲しいと思われていた方も多かったと思います。

どうぞ、お早めにご相談くださいませ。

 

お問合せは

木のおもちゃデポー 088-656-0636

 

小谷有紀

小谷有紀


こんにちは。

 

急に寒い日が続いたり  昼間は暖かかったり

毎日  着るものも悩みますね。

 

布団に入る楽しみに  我が家はfashyの湯たんぽ

を出しました。(DEPOT plusで取り扱ってます。

ぜひ ご覧ください。)

 

もうすぐ4歳の娘の寝つきの早いこと。

寝つきがいいと睡眠時間が豊かになった気がします。

 

image

今日は出先でてんとう虫ストラップ(上の写真で息子が舐めてます)

を大好きな女の子の赤ちゃんに出会いました。

ずっと 遊んでいるそうです。

そこで息子が家でしていた遊びをここに書きたかったのを

思い出しました。

 

息子はストラップにリングリィリング(ネフ社)

をくっつけて使っていました。

1歳近くなると  舐めたり 振って音を鳴らす以外に

箱に出し入れしたりもしていました。

伝い歩きをし始めてからは

こんなことをするようにもなりました。

 

image

 

 

遊び方いろいろ

福岡亜矢子

福岡亜矢子

Return to Top ▲Return to Top ▲