こんにちは。

 

今回は小さなお子様からでも、じっくりと遊ぶことのできるゲームをご紹介します。

ゲーム「どれがかわったの?」です。

表と裏に同じ絵が描かれていますがよく見ると少し違う?ひっくり返すと、違いがわかるかな?まちがいさがしのカードゲームです。

 

IMG_4432

 

 

人数 2~6人

年齢 4才から

目を閉じて開けるとどれか一枚が変化しているよ。

どのカードのどの部分が変わったかわかるかな?

 

~ルール説明~

シンプルに間違い探しです。カード表裏で少しだけ違うところがあります。

目を閉じている間に一枚裏返して、目を開けてもらい「どれがかわったの?」と声をかけ間違い探しをしてください。正解だったら一枚もらえます。次の新しいカードを並べて・・・目を閉じ間違い探しの繰り返しです。

 

 

 

お子様に合わせてカード枚数で難易度も変えられるのもいいですね。

我が家ではお姉ちゃん(6才)は5~7枚、弟(3才)は3枚にして同時にチャレンジします。

正解率が上がってきたら・・・本人から「一枚増やす!」と意欲的になってくれますよ。

 

 

例えば下のカード上と下でどのカードのどこがかわったの?

 

3BF68858-E7BE-4B54-ADB6-5F19B1C2EA3A

 

答えは右端のカードのかかしのカラスがいる、いないです。

最初は小さなお子様は「なんかちがう~!」とカードだけを指す子もいます。

そのうち違いをどう伝えるか・・・言葉を選びながら回答してくれます。

言葉を引き出すカードのようにも思えてきます。

 

では次の写真はどこがかわったの?

 

CF8141C8-6617-4C40-92C6-340347F6F4F9

 

今度は少し難しいですか?

正解はナイフがスプーンにかわっています。

 

違うところの範囲が小さいと難しいですね。

「お皿の上になにか食べ物があったような・・・」などじっくりと考えてくれる子もいます。

 

絵のイラストによっても変化がある部分が違うので見る部分は様々です。

色や配列、動物の動き、位置関係、個数、本数、長さ幅広いです。

見るポイントが多いのでカードが多くなると大人でも難しいほど。

 

子ども達からどんな言葉や表現方法で答えに導いてくれるでしょう。

楽しみですね。

 

IMG_4431

 

 

簡単に出題者になれるこのゲームは子ども達にも好評です!

大人の方もお子様に出題してもらってください。

ワクワクがこぼれだす満面の笑みで「どれがかわったの?」と言ってくれますよ。

ニヤニヤしながらヒントをくれたりするのが子どもらしくてとても可愛い!

 

観察力、記憶力、判断力・・・

ぜひその方に合う出題の仕方でお楽しみください。

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

福岡亜矢子

福岡亜矢子

DSC09700

HABA/ドラゴンとファイアークリスタル¥2200+税

 

先日紹介した【新商品】雲の上のユニコーンに続き

男の子にはこちらがじわじわと人気です!

何と言っても魅力はキラキラ光る「クリスタル」

そして男の子の大好きな「ドラゴン」

パッケージを見ただけでわくわくする男の子が

多数続出している様子。

 

DSC09695

 

〜ゲームのルール〜

簡単に言えば「ドラゴンのクリスタル獲得ゲーム」

ドラゴンがゴールの火山を目指して

クリスタルを集めながら進んでいきます

 

男の子の好きそうな仕掛けのポイントも!

それが「竜巻」!!

サイコロをふって「竜巻」の目が出ると

なんとルートが変わってしまうんです。

進むルートが変わることで

集められるクリスタルの数も影響があったりして

誰かが火山にたどり着くまでドキドキ・・・

1着になるとクリスタルを4個がもらえ

勝敗は手持ちのクリスタルの数で決まります

 

数が数えられなくてもボードの裏面の

早見表を使ってクリスタルを並べると

一目で勝敗がわかるのもオススメポイントです。

 

DSC09676

 

人数:2〜4人

年齢:3歳頃から

時間:約20分

(セット内容:ボード、ドラゴン4個、

矢印カード4枚、サイコロ1個、クリスタル約60個)

 

すごろくゲームはサイコロ運で競争するだけですが

「雲の上のユニコーン」や

「ドラゴンとファイアークリスタル」などの

HABA社のすごろくゲームは、くじけそうになっても

小さなステップを踏んでいき、もしかしたら

勝てるかもしれない・・・という望みをもたせてくれます

 

手元のクリスタルが増えていくことで盛り上がるゲームは

進む道筋が変化することで、一緒にプレーする

メンバーの動きが様々なのも面白いですよ

 

「ドラゴン」と「クリスタル」、そして収集・・・

という要素で、特に男心をくすぐるのだと思います

男兄弟のいるご家庭へのプレゼントにもオススメですよ

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

 

藤本志保

藤本志保

ここ最近、アナログゲームの良さが

クローズアップされてきましたね。

 

ゲームの対象年齢を見ると、

「4歳~99歳まで」

なんていう表記があるほど、

色んな年齢の人達が楽しめるアナログゲーム。

その最大の魅力は、その場の人達同士の

コミュニケーション!!

 

親子や友達同士はもちろん、

初めての人達同士でも、気のおけない仲間同士でも

一気に、盛り上がり、距離が縮まるから不思議。

 

子どもだけでなく、大人が本気で遊んでる光景、

デポーでもよく見かけます。

 

今日、ご紹介するゲームは、

記憶力と観察力と運が勝敗を左右する

「ミツバチのかくれんぼ」

 

ルールはとってもシンプル!

カードと同じミツバチを、早く4つ集めたら勝ち!

 

DSC09575

 

ドイツ アーゴ社 

ミツバチのかくれんぼ  2800円+税

 

ゲームの内容

 

6色のハチをハチの巣の中に隠してスタンバイ。 

山にした絵カードを順番に、1枚ずつめくります。

 

🍀「ハチのカードが出たら!」運と記憶力で!

 カードと同じ色のハチがかくれていると思う

 ハチの巣を上に持ち上げて中を見ます。

 

 カードと同じ色のハチだったら!ラッキー!

 巣をかぶせて、自分の前に連れてくることができます。

 

続けてカードを引いてチャレンジできます。

 

InkedImage_d824193_LI

 

 間違っていたら、残念~
 そのまま巣をかぶせます。 

(他の人も、出た色をよーく覚えてくださいね)

 

次の人が、同じ課題にチャレンジします。

 

 

InkedImage_7f72cef_LI

 

🍀「ハチの巣カードだったら !」ラッキー

 場にあるどれでも好きな巣を一つ選んで、

 自分の前に連れてくることができます、

(中身のハチが何色かは確認せずにね)

 

場に巣がなければ、他の人の前から

巣を一つもってきます。

 

InkedImage_4db4a36_LI

 

🍀「クマさんのカードだったら!」残念~

 手持ちの巣があれば、一つ、場に戻します。

 手持ちがなければ、1回お休みです。

 

くまマーク

 

 

すでに誰かの前に連れていかれたなと思う

ミツバチの色カードが出た時は、

他の人の前の巣をめくって、当たっていれば、

自分のことろに連れてくることができます。

 

自分の所にあるミツバチカードが出た時は、

わざとに、他の巣をめくって、

分からなくなってしまった、他の人の

ミツバチの色を確認するのも作戦のうち。

取ったり、取られたり記憶力と観察力で、

チャレンジしてみてくださいね。

 

順番に1枚ずつカードをめくってチャレンジし、

🍀自分の前に、ミツバチを早く4つ集めた人が勝ち!

 

 

Image_b0f054d

 

 

ミツバチの身体の下におもりが入っていて、

起き上がりこぼしみたいに、

開けた時にゆらゆら揺れるのがかわいい~

巣ごとつつつ~と手元にもってくるのも楽しい♪

 

 

記憶と観察力のゲーム

「ミツバチのかくれんぼ」

 

人数 2~5人

年齢 4歳くらい~

時間 約15分

 

 

色や順番、ルールが分かるようになる

4歳くらいから遊べますが、

最近、物忘れが気になる~なんて方にもオススメ!

子ども達と一緒に、童心にかえって、
みんなでワイワイ
一緒に遊んでみるのもいいですね

 

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

西原美智代

西原美智代

DSC09672

HABA/雲の上のユニコーン¥2200+税

 

こんにちは、木のおもちゃデポースタッフ藤本です

 

本日は【新商品】雲の上のユニコーンをご紹介。

「雲の上のユニコーン」はその名の通り

「雲の上」を舞台に繰り広げるすごろくゲームです。

 

DSC09659

 

〜ゲームのルール〜

まず水色のサイコロを振って、出た数だけ

自分の色のユニコーンを進めていきます。

 

止まったところの条件に合わせてキラキラひかる

クリスタルをもらったり、人にプレゼントしたりして

最後に多くのクリスタルを集めた人が勝ちという

シンプルなゲームです。

ケーキの目が出たら食べなくちゃいけないので

1回お休みっていうのもなんだかわくわくしますね

 

ゴールよりもクリスタルを集めることが目的なので

プレゼントしてもらったなどの展開も考えながら

次は誰にプレゼントするのか・・・などを

決めて進めていくことですごく盛り上がります

 

キラキラひかるクリスタルがとても魅力的で

女の子ウケ間違い無しのゲーム。

ルールを意識し始め、数字と量がわかるようになる

3歳頃からオススメ *

ゲーム初心者の3歳さんは水色のサイコロだけを

使って色付きの雲に止まったら

クリスタルを1個というシンプルでわかりやすい

ルールからスタートするのもオススメです。

 

人数:2〜4人

年齢:3歳頃から

時間:約20分

(セット内容:ボード、ユニコーン4個、

サイコロ2種類、クリスタル約60個

日本語説明書内包)

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

 

藤本志保

藤本志保

こんにちは。

夏休みも残すところあと少しですね。

夏休みにしたかったことはクリアできましたか?

 

最近はワイヤーママ9月号に掲載のアナログゲームをご覧になって、連日ご来店くださるお客様が増えてきました。

今日はその中でも最近TVのニュース番組にピックアップされ話題になったゲームをご紹介したいと思います。完売になっていましたが再入荷いたしました!

 

児童館や保育園、保育所、学童でも遊んだことがある!と認知度が上がってきた

大人気のゲーム スピードカップス

 

この箱を見つけて「これしっとる!おもっしょいよ!」「これしてみたかったゲーム!」と大きな声で教えてくれる子どもさんも多いんです。

 

 

 

IMG_4439

 

ルールは名前の通り早くカップを動かすゲームです。

 

IMG_4441

 

~ゲームのルール~

手持ちの5色のカップを使って、出されたカードのイラストの順序にカップを並べます。並べた人から順番にベルを鳴らします。

(※カードによっては、カップを並べるか、積み重ねるかを判断しなければなりません。)

全員がベルを鳴らし終えると、一番最初に鳴らしたプレイヤーのカップの順序が正しいかどうかみんなで確認します。正しく解けていたら課題カードを手に入れることができます。

素早く正確な動作で、一番多くの課題カードを集めたプレイヤーがゲームの勝者です。

 

人数 2~4人

年齢 6才から

時間 約10分

(セット内容:カード24枚・カップ5色×4個・ベル1個)

 

IMG_4433

 

 

 

素早い判断と動きでカップを並び替え誰よりも早くベルをチン!

意外に小さな年齢のお子様も一生懸命並び替えて白熱するんです。

まずは簡単な横並びからチャレンジしてみてくださいね。

もう持ってるよ!っていう方には少し難しくなった拡張版(カップ2セット付き)もございます。

 

「家族の楽しい時間」が子どもを伸ばします

残り少ない夏の思い出作りにどうですか?

 

大人たちも子どもたちに手加減される日が近いかも!?

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

 

福岡亜矢子

福岡亜矢子

Return to Top ▲Return to Top ▲