みなさん、ウォルドルフ人形をご存じですか?

シュタイナー教育を背景にドイツで生まれた

素朴なお顔と羊毛がぎっしり詰まった

抱き心地の良いお人形です。

 

DSC09839

*左からウォルドルフ人形B体・A体・C体

 

デポーでは、年に約4回

「ウォルドルフ人形作り」を開催しています。

みなさん、お子さんやお孫さんのために作ったり

今まで使っていたお人形が古くなったので

使える材料を使って小さいサイズにリメイクされたり

ちいさい頃、お母さんが作ってくれたお人形が

ボロボロになったので今度は自分で作りたい!

という大学生の男の子もいましたよ。

 

自分で作ったお人形は宝物だと思います。

そして、自分のためにお母さん、おばあちゃんが作って

くれたお人形は、かけがえのない存在になると思います。

ひとりひとり、想いを込めて作る「ウォルドルフ人形」を

指導してくださるステキな先生を今回はご紹介します♪

 

シリーズ【くらす】講師インタビュー

「ウォルドルフ人形作りの会」講師 斎雅子さん

 

斎さんは、とても穏やかでやわらかい雰囲気を

お持ちの方で、ウォルドルフ人形の世界にピッタリな

方だな~とお会いするたびに思います。

人形作りだけではなく、人形の服を編んだり、縫ったり

なんでもできちゃうので、いつも尊敬のまなざしです。

 

 

DSC02562

 

斎さんにウォルドルフ人形との出会い、講師になろうと

思ったきっかけ、勉強中のエピソードをお伺いしました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■本当にしたいことをやろう

 

「七歳までは夢の中」松井るり子さんの著書です。

「七歳までは知的な事は教えないで

なるべく子どもを目覚めさせないように

夢の中にいるような状態のままおいておく」

というシュタイナー的教育法です。

この本の中にウォルドルフ人形が紹介されていて

とても素敵な人形だなと感動しました。

 

初めて作ったのは、上の子が2歳で

下の子が生まれてお世話のできる人形を

と考えたのですが、近くに教えてもらえる人がなく

本を見ながら材料も適当に作っていました。

結果、全然違うものに出来上がり…

 

それから、仕事と子育てに追われていましたが

病気のために仕事を辞めることとなり

自分にできることで、本当にしたいことをやろうと考え

心の中にあったこの人形だと思ったのです。

そして、きちんと習って広めていくことができればと考えました。

 

■出会い

 

講師の勉強中で大変だったのは、お人形以外にも

動物やちいさな小物など、種類がたくさんあり

納得していたはずのものが、違う作品を作っていると

また、わからなくなってしまったり…

 

ですが、はじめてウォルドルフ人形を日本に紹介した

「スウェーデンひつじの詩舎」主催 佐々木奈々子さんや

いろいろな講師の方達と出会い、その素敵な感性、人間性に触れて

感動したことは、今でも心に残っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

松井るり子さんは文筆家、絵本の翻訳

シュタイナー教育の本も多く執筆されています。

2015年にはデポー主催「保育創造セミナー」で

講演していただきました。

佐々木奈々子さんは13年間スウェーデンで暮らし

羊毛の手仕事を学び、帰国後「スウェーデンひつじの詩舎」で

ぱたぽん(ウォルドルフ人形講師)育成や講演、教室を

開催されています。

このお二人との出会い。

そして、斎さんの「本当にやりたいことをしよう」

という強い想いが、今につながっています。

 

デポーはシュタイナー関連の商品を多く取り扱っています。

子ども達が、安心して使える自然素材、形はとてもシンプル。

想像の世界を広げる優しい色合いと音は

まさにファンタジーの世界です。

この世界を象徴する「ウォルドルフ人形」を伝えてくれる方が

徳島にいてくれたことが、奇跡のように思えました。

本当にデポーにピッタリの教室です。

 

そこで、斎さんご自身の子育てで

ウォルドルフ人形や羊毛遊びをどのように活用されたか。

そして、ウォルドルフ人形作りを通してみなさんに

お伝えしたいことをお伺いしました。。。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■子どもたちと共に

 

お兄ちゃんと妹、二人ともにベロア生地が気持ちいい

「ぽあぽあマリアちゃん」を作りました。

二人とも夜はいつも抱っこして寝ていました。

 

img_7444

 

妹は、ウォルドルフ人形で着せ替えや髪をくくったり

お風呂に一緒に入ったり、お世話遊びをよくしていました。

自分が作ったお人形をかわいがって遊んでいる姿は

何より私がうれしく、心があたたかくなりました。

二人とも大きく成長しましたが

今でも、その時の気持ちを忘れていません。

 

お人形以外の羊毛の手仕事では

子どもが作れるキットで小人作ったり

虹色の羊毛でモビールを一緒に作ったり

フェルト化させたりして遊んでいました。

ファンタジーの世界を親子で感じ過ごせていたように思います。

 

■心のつながり

 

親子のあたたかい心のつながりを感じながら

楽しく大切な子育て時期を過ごしてほしいと願っています。

我が子のために我が子を思いながら作ること

出来上がった人形で遊んでいる姿を見るうれしさ…

子ども達を愛おしく感じることが

このお人形でもっとできると思っています。

 

DSC02568

 

興味がある方、初めて作る方、

お手伝いしますので、ぜひウォルドルフ人形を

作りましょう♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

情報があふれ、スピードの速い今の時代では

自分の世界を持つことが

難しくなっているのかなと思います。

 

幼い頃に、自分の世界を持ち身近なものを見立てて

一生懸命遊んだ経験は、きっとその後の成長に

つながると思います。限られた時間の中で

大人も一緒に遊べるシュタイナーの世界は

親子のつながりと心を豊かにしてくれる

とても素敵な世界だと思います。

 

6月には「ウォルドルフ人形作品展」もあります。

お人形の販売(数量限定)やワークショップもありますので

ぜひ、体験していただけたらと思います。

*後日詳しくお知らせします。

 

最後に斎さんにとってウォルドルフ人形は

どのような存在かお伺いしました。

 

「私が求めていた保育感の象徴。

 私の感性にぴったりくるもの。

 幼いころに感じていた光のようなものを感じています。

 そして、我が子との思い出…」 

 

斎さんのお話しをお伺いしていて

改めて、斎さんの優しさ

すべての子ども達とウォルドルフ人形に

対する愛情の深さを感じました。

決して簡単につくれるものではないのですが

斎さんはとても丁寧に指導してくださいますし

何より、仕上がったときの喜びはとても大きいです。

 

ぜひ、手作りのお人形を大切な方に作ってみませんか?

残席、あります!

 

==============================

 

ウォルドルフ人形作りの会

 

ウォルドルフ人形は羊毛や綿ジャージなど天然の材料で作ります。

目と口は小さく子どもの想像力の働く余地を残していること。

そして、その子どもにとって身近な人が作ること…

今回はB体(30cm)Ⅽ体(40cm)の中から

作りたいサイズを選んでいただけます。

 

〇4/30(日)、5/20(土)の二日間で仕上げます。

〇作るのは本体のみ、服は含まれません。

 

日時/4/30(日)、5/20(土)

10:00~16:00

*お昼をはさみますので昼食は各自でご用意ください。

 

参加費/   B体¥11500 ・C体¥12000

*はじめて参加される方は+¥500(材料費)

 

定員/5名様 

 

持ち物/  裁縫道具、昼食、飲み物     

(まち針、メジャー、裁ちばさみ、縫い針)

 

講師/スウェーデンひつじの詩舎ぱたぽん

      斎 雅子さん

 

(お申込みは4月23日まで)

 

DSC09843

 

===============================

 

ご予約はお早めに!

ご参加お待ちしております。

 

 

 イベントのお申込みがネットからも
 できるようになりました。↓↓↓

イベント申込

 

お問い合わせ お申し込みは

木のおもちゃデポー

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

駐車場は店舗前に10台
店舗裏に5台

教室にご参加の方は、店舗裏駐車場をご利用下さい。

 

 

 

 

松川久美子

松川久美子

 

【くらす】では今年からいくつかの

新しい教室がスタートしています。

どの先生も、豊富な専門知識とそれを多くの方に

お伝えし役立ててほしい!という思いに

あふれています。

もちろん、今回ご紹介する先生も

その中のお一人。。。

 

シリーズ【くらす】講師インタビュー

「助産師」原田美佐子さん

 

 

DSC02975

 

 

今年1月からスタートした

「妊婦さんのための骨盤ケア」

「妊婦さんのための心と体のしたく(安産教室)」

そして今月からスタートする

「妊婦さんとママと赤ちゃんのための時間」

 

フリーの助産師というお立場の原田さん。

産院から飛び出し、より「妊婦さんとママと赤ちゃん」

に寄り添うために、カイロプラクティック

ベビーマッサージ、アロマなど、様々な資格を取得され

トラブルになる前にケアで体を守る方法を

伝えてくださいます。

 

原田さんになぜ助産師になったのか

そして、その後の学びにつながるいきさつを

お伺いしました…

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■おさんばさん

 

手に職をつけると言う事で看護職に魅力を感じていました。

助産師は開業権があり、本当の意味で

自立できる仕事なんだろうなと思っていました。

また『産婆さん』と言う言葉に、地域の頼れるおばちゃん?的な

憧れのようなものがありました。

今は、産婆さんを知らない世代も多くなってきましたね。

 

■ひとりひとりに合ったケアを

 

妊娠・出産・子育ては本来自然の営みです。

その人の自然の力を最大限に発揮できる

お手伝いをするのが助産師の仕事です。

色々なお母さんたちのお手伝いをしていて

沢山の幸せな場面に立ち会わせていただきました。

それと同じく、辛い経験をする方にも

寄り添ってきました。

 

今は生活が便利になって、外で日暮れまで

遊ぶ子ども達も見かけなくなりました。

身体機能を使わなくてよくなった「女性の身体」も

変化してきており、お産の現場も大変になりました。

“自然”と“そのまま”とは違うと言う事に

気付いていない方も、多いように思います。

 

妊娠しても、変わらず活動的に過ごせる方は

とても少なくなっています。

病気や大きなトラブルにみまわれたときは

医師の診察や治療を受ける必要があります。

私たちは、そうならないように予防するための生活の工夫

さらにはもっと健康的に生活できる工夫を

その人に合った方法で提案したいと思っています。

 

助産師ですので、治療は出来ません。

でも、お母さんや子どもたちの

より健やかな「心と体」のためになるなら

と様々な研修を受けています。

中でも、骨盤ケアに出会ってから

身体を整えると経過が順調な人が増えたり

学びが深まるにしたがって、アドバイスできる事が増えました。

 

 

DSC02984

 

 

お母さんと赤ちゃんの笑顔や

勉強熱心な仲間に出会えたことも大きいですね。

あらゆる事が子どもの育ちや発達に繋がっていると感じる事が多く

これからも学びたいことは、どんどん増えてきそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私も原田さんのような助産師さんに出会いたかった!

と、出産から数年たちますが切実に思いました。

妊娠中、ちょっとした不安を病院では

なかなか口にできなかったり…

初めての子育てで戸惑う事や不安を誰にも

相談できなくて孤独を感じてしまったり…

薬とか治療ではなく日々の生活の中で

解決できる知恵を伝えてくれる

不安や疑問を受け止めてくれる助産師さんが

身近にいたらとても心強いし

子どもと向き合う時の気持ちも変わっていきますよね。

 

豊富な経験と知識をお持ちの原田さんが教室で

みなさんにお伝えしたいこと。

そして、それぞれの教室への想いをお伺いしました…

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■お母さんが健やかであること

 

お母さんのおなかは、生まれるまでの赤ちゃんのお部屋です。

お母さんの抱っこする腕は、赤ちゃんが一番

安心できるところだと思います。

お母さんが健やかで健康であることは

赤ちゃんの環境を整えることになります。

 

自分の身体の癖や不調を、いつもより感じやすいのが妊娠中です。

赤ちゃんが「ママ、気を付けて」と言ってくれている

と思ってセルフケアをしてほしいと思います。

体が楽だと、心身の状態が良く呼吸が深く、酸素や栄養が巡ります。

おなかの中から丈夫で穏やかに大きくなるのです。

 

身体を整える事や辛いところがあったら、相談しましょう。

健やかでいる工夫ができる。困ったら誰かに伝えられる。

子どもにもそうあって欲しいですね。

 

 

DSC02993

 

 

■「妊婦さんのための骨盤ケア」

 

骨盤ケアの入門編です。

体を整える大切さや、ちょっとした工夫で

体が楽になる事をお伝えしたいと思います。

クラスが終わる時には「自分の身体ってこんなに変わるんだ!」

と、気づいていただきたいと思います。

 

■「心と体のしたく~安産教室~」

 

きっと、生涯で一番、命がけで頑張るのが

「生まれる時」だと思います。

私も覚えてはいませんけど・・・

海から陸に上がってくる

月から地球に降りてくる、そんな感じでしょうか。

赤ちゃんにとって環境も自分の身体の機能も

一気に進化するような激動の時です。

お母さんには、自分の一番健康な状態で

その時を迎えてもらいたいと思います。

 

お産が始まってからでも、産後でも使えるセルフケアを

受講された方に合わせていくつかお伝えします。

「ここが心配!」「わからないから不安!」を

一つでも解消しにお越しください。

どちらのクラスも何度受講いただいても構いません。  

 

■「妊婦さんとママと赤ちゃんのための時間」

 

教室の様に教える場ではなく、同じ時期に子育てしている

これから、子育てがはじまるお母さんたちが

美味しいお茶とお菓子で、ほっこりしていただけるといいなと思います。

 

いつもとは違う場所で、お腹の赤ちゃんやお子さんと過ごしてみませんか?

ねんね期や寝返りころころ期の赤ちゃんの横で座ったり

寝そべって過ごしても構いません。

お話はしてもしなくても、何でもありです。

心地よく過ごせる場所になるといいなと思っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

妊娠、出産は女性にしかできない大仕事です。

自分の体から新しい命が誕生する

神秘的で感動と喜びにつつまれる

その瞬間のために、ママと赤ちゃんの健康を

サポートしてくれる原田さん。

ご自身の仕事に誇りと自信をもって

活動されている姿がとてもステキで

「頼れるあねご」って感じです。

 

最後に、原田さん自身の出産、子育てエピソードを

お伺いしました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■私の妊娠、出産、子育ては…

 

妊娠・出産はトラブル続きでした。

生理痛も強かったですし、長い不妊治療、妊娠したらしたで

卵巣刺激症候群や切迫早産で長い入院生活でした。

長男は夜泣きが激しく、育児ベテランの私の母が困るほどでした。

下の子も重症の喘息っ子で、2~3歳くらいまでは

ぐっすり眠れた記憶はありません。

助産師ですが、当時は本当に何も出来ない

とばかり思っていました。

早くに子供がいたとしたら、虐待事件になっていたかもと思うと

子供は選んで来たのかなとも思います。

大変だった話や失敗談は山ほどあります。

解決できる事ばかりではありませんでしたが

あの時の私に今の私のアドバイスがあったら

ずいぶん楽だっただろうなと思います。

今は子どもたちも大きくなり憎まれ口も多いですが

赤ちゃんだった頃の私の大変だった話をニコニコ聞いてくれます。

いくつになっても、可愛いなとしみじみ思います。

 

親が子どものために出来る事は幾つもありますが

時間は限られています。

かけがえのない時間を、健やかに幸せな時間になるように

お手伝いしたいと思います。 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ベテランの助産師さんなので

ご自身の子育ては、余裕だったのかな?

と想像していましたが…

びっくりしました!

でも、原田さんのこの経験が

今の仕事に対する想いを

さらに強くされたのだと思います。

 

本当にさまざまな経験をされている原田さんに

不安や疑問を解決してもらいましょう!

これからはじまる子育てや

子育て真っ最中の忙しいママに

寄り添う助産師さんです。

 

各教室、残席あります。

ご参加お待ちしております♪

 

===================

 

「妊婦さんとママと赤ちゃんのための時間」

対象/ 妊婦さんとねんね~1歳までの

         赤ちゃんとお母さん  

 

日時/ 4月12日(水) 10:30~12:00      

    5月10日(水)           〃

    6月14日(水)     〃

 

参加費/ 1000円( ハーブティーとおやつ付)

 

定員/ 8名様

 

*…………………………*

 

「妊婦さんのための骨盤ケア」

 

対象/ 16週以降の妊婦さん      

       * 医師の診察において経過の順調な方  

 

日時/ 4月15日(土)   10:00~12:00

          5月13日(土)    〃

          6月17日(土)    〃     

 

参加費/ 3000円   

   

定員/  6名様

 

持ち物/ フェイスタオル2枚、バスタオル2枚

             飲み物、動きやすい服装  

 

*…………………………*

 

「妊婦さんのための心と体のしたく」(安産教室)

 

対象/   骨盤ケアを受講された 28週以降の妊婦さん    

          * 医師の診察において経過の順調な方

 

日時/  4月15日(土) 14:00~16:00 

     5月13日(土)     〃  

     6月17日(土)     〃 

 

参加費/ 3000円  

    

定員/  6名様

 

持ち物/ フェイスタオル2枚、バスタオル2枚

             飲み物、動きやすい服装   

 

*…………………………*  

 

子育て教室くらそか(3回コース)の中では、

第2回目のベビーマッサージもご担当いただきます。

 

=================== 

 

 イベントのお申込みがネットからも
 できるようになりました。↓↓↓

イベント申込

 

お問い合わせ お申し込みは

木のおもちゃデポー

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

駐車場は店舗前に10台
店舗裏に5台

教室にご参加の方は、店舗裏駐車場をご利用下さい。

 

松川久美子

松川久美子

 

 

こんにちは。

スタッフ松川です。

2月26日に開催した

「だしソムリエのお味噌作り教室」

娘と参加しました。

毎年、私も作ってみたいな~と

思いながら見送ってきたので

今回、とても楽しみにしてました♪

 

講師の河口さんもおっしゃってましたが

お味噌作りは、思っていたよりとっても簡単!

事前に家で大豆を湯がき、綿棒でつぶした状態で持参。

大豆にこうじと塩をよく混ぜ、みそ玉を作ります。

みそ玉を保存容器に移し隙間のないように

ぎゅぎゅと空気をぬきながら詰めていく。

後は冷暗所で熟成させるだけです。

 

 

DSC03756

 

 

主な作業がつぶす、混ぜる、丸める、詰めるだったので

子ども達が大活躍!

娘も日頃のどろ団子作りの成果を発揮し

「お母さん!ちがうちがう!もっとこーしてな~」

とみそ玉作りや詰めるときにダメ出しされました…

 

DSC03803

 

 

河口さんがご自宅で熟成させた三年味噌を

お持ちいただき、気になるカビの状態や

仕上がり具合も質問しました。

 

DSC03812

 

手前味噌を仕込んだあとは

お味噌を使った美味しいお料理を

教えていただき、試食タイム♪

 

私が感動したのは豆腐の味噌漬けです。

ほのかにチーズの香りがして

思わず「おいしい~♪」

他にも、肉の味噌漬けやごはんや野菜に合う

ねぎみそ、野菜の甘酢漬け

そして、だしソムリエがつくるお味噌汁!

子ども達もパクパク食べてました。

 

 

DSC03775

 

 

河口さんが手際よく

説明しながら、準備してくださり

みなさんと美味しく楽しくいただきました。

 

娘も自分で作ったお味噌の仕上がりが楽しみな様子。

どこに置いておくか相談し容器に自分の名前を書いて

「おいしくなってね~」と手をふってました。

日本で昔から作り続けられているお味噌を

今回、娘と一緒に作ることができて

とてもよかったなぁとしみじみ思います。

 

 

DSC03814

 

 

そして、河口さんのお料理をどんどん展開する

おもしろさと美味しさに改めて感動!

こんな風にお料理を楽しめたら

日頃のごはん作りのストレスから

解放される!と実感です。

 

3月26日(日)河口さんの

「作り置き常備菜の会」残席あります!

親子参加もOKですよ~

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日から楽しい!帰ってからもうれしい~♪

   「作り置き常備菜の会」

 

忙しいママを助けてくれる常備菜。

一品でもおかずがあると気持ちが楽になりますよね。

ストックしておけば、何通りにもアレンジできる

レパートリーをお伝えします‼

常備菜と合わせ調味料を一品ずつ作って

お持ち帰りいただけます。

今回は「重ね煮&照り焼きの素」 を作ります。

おいしい試食付き♪

 

〇日時   3月26日(日) 10:30~12:30

 

〇参加費  親子一組3000円

 

〇持ち物  エプロン、三角巾、タオル、空のジャム瓶

 

〇講師   だしソムリエ  河口晶  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

ご参加お待ちしております!

 

イベントのお申込みがネットからも
 できます。↓↓↓

イベント申込

 

 

お問い合わせ お申し込みは

木のおもちゃデポー

徳島市沖浜町南開330-1

☎088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

駐車場は店舗前に10台
店舗裏に5台

 

 

松川久美子

松川久美子

 

2月からプラスの店内に

新しく仲間入りした商品が3つあります。

みなさん、お気づきですか?

 

1つは鳴門の「井上味噌」さん

もう1つは発芽玄米粉を使った玄米クッキーの「坂田商店」さん

 

そして、今回ご紹介する

千年前の食品舎さんの「だし&栄養スープ」です。

 

 

IMG_2721

 

 

この「だし&栄養スープ」は私自身がほれ込み

ぜひお店で取り扱ってほしい!

とオーナーにお願いした商品です。

味はもちろんながら、製法にもこだわりがあり

私たちを元気にしてくれる

カラダにしみわたるスープです。

 

まずは原材料。

でんぷん分解物(キャッサバ芋・タイ)

カタクチイワシ(福岡、長崎県近海)

カツオ(鹿児島県近海)

昆布(北海道)

原木栽培椎茸(大分県)

無臭ニンニク(山口県)

 

のみです。化学調味料はもちろん

砂糖も塩も入ってなく酵母エキスも使っていません。

でんぷん分解物の「キャッサバ芋」は

肥沃の乏しい土地でもよく生育するお芋で

タピオカ粉の原料です。

農薬や遺伝子組み換えのない安全な食材です。

 

昆布と椎茸、にんにくの旨味が本当に美味しくて

カツオとイワシの魚くさい匂いもなく

和洋中どのお料理にも使えるとこが

とっても助かってます!

 

製造方法もとてもこだわりがあります。

食材を無駄にせず、美味しく体にいいスープを

作るために何年も研究されたそうです…

 

たんぱく質の成分が壊れない

60℃加熱と圧力だけでとろとろに溶かし、

魚の骨(カルシウム)も

ウロコ(コラーゲン)も、魚の栄養素を

丸ごと(一物全体)いただけます。

 

そして、このエキスを「限界ろ過」という

小腸の粘膜より微細な目の膜にエキスを透過させ

不純物、重金属、そして油も除去します。

油がないということは酸化しないのです!

 

この限界ろ過膜に透過することでたんぱく質が

「ペプチド」化されます。

ペプチドとは…?

私も詳しくは知らなかったので質問したところ

 

「お肉や魚のたんぱく質を食べると胃や腸で

分解されアミノ酸になって腸から吸収されます。

ペプチドはアミノ酸が10個ほどつながったもの。

体に負担なく分解吸収してくれるので小さいお子さんや

高齢の方、体調をくずした時にいいですよ。

ちなみに、たんぱく質はアミノ酸が100個以上数千個

つながっています。それを分解していくには体力を

使います。食後に眠たくなる理由の一つです。」

 

なるほど~と納得。

このスープを使いだしたころ

長男が部活で毎日くたくたになって帰ってきてました。

にんにくで疲労回復、カルシウムも豊富なので

朝に晩にと飲ませたところ

体格もよくなり、スタミナもついたようで

引退まで頑張り続けることができました。

 

 

IMG_2711

 

 

私のお気に入りははお椀に大さじ1杯のだし&栄養スープに

ワカメとネギ、キャベツを入れてお湯を注ぎます。

よく混ぜて、出来上がり!

簡単に美味しいスープがいただけて

ごはんにもパンにも合うんです♪

 

ちなみに、大さじ1杯でカタクチイワシ3~4匹分の

たんぱく質を摂取したことになるそうです。

 

私がデポーでこの商品を販売したいと思ったのは、

妊婦さんや赤ちゃんに安心して

しかも体に負担なく栄養がとれること。

ペプチド化されているので腸の吸収もよく

アレルギー反応も出にくいこと。

 

 

IMG_2023

 

 

働き盛り、子育て真っ最中の忙しいパパとママ

育ち盛りのお子さん。

そして、そのおじいちゃんおばあちゃんの健康にも

役立つスープだなぁと実感したからです。

 

すべての世代に「だし&栄養スープ」おすすめです!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

3月18日(土)11:00~15:00

 

プラス店内にて

「だし&栄養スープ」の試飲会を行います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ぜひ、松川一押しのスープをお試しください!

 

だし&栄養スープ(500g¥2800+税)

 

 

 

お問い合わせは

木のおもちゃデポー

徳島市沖浜町南開330-1

☎088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

駐車場は店舗前に10台
店舗裏に5台

松川久美子

松川久美子

 

体調を崩しやすい時期ですね。

皆さん大丈夫ですか?

家族の健康管理に、栄養バランスのとれた

ごはん作りで乗り切りたいですね。

仕事に家事に子育てに、毎日忙しいお母さんを

助けてくれる「常備菜」

おかずが一品あると、とっても助かります!

そんなお料理を教えてくれる先生に出会えました♪

 

 

3pppp

 

 

シリーズ【くらす】講師インタビュー

新講座「今日から楽しい♪作り置き常備菜の会」

講師 河口晶さんです。

だしソムリエの認定講師でもある河口さん。

今、どのような活動をされているのか

「食」のこと「だしソムリエ」のことを

お伺いしました…

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■ワンデイシェフと講座

 

2015年1月から、小松島市にある古民家カフェ

「大正館なつ家」でワンデイシェフとして、
第2・4木曜日にランチを提供しています。
徳島では珍しい「五平もち」の定食と

夏場は「シラス丼定食」

寒い時期は「お味噌汁定食」を作っています。

五平もちはご飯をつぶしてタレをつけ焼いた

中部地方の山間地域の郷土料理です。
ご飯を使うところとあまからのタレが大好きです。

この五平もちと常備菜の小鉢2品、お味噌汁がついた定食にしています。

(「大正館なつ家」でのシェフは1月末で終了いたします。)

昨年は「だしソムリエ」の認定講師になりました。

だしソムリエ3級講座やママ向けのだし講座

料理講座・五平もち講座などを開催しています。
だしを身近に、そしておいしく健康的な

食生活のご提案ができれば、と思い活動しています。
また、外国人向けのだし教室も開催に向けて準備中です。

 

1

 

 

■「食」と「だしソムリエ」

 

子どもが3人いて、転勤に伴う引っ越しも多かったので

長女を出産してからはずっと専業主婦をしていました。

転勤は全国各地だったので、スーパー主婦でもおなじみの

「全国友の会」に入り、家事のこと、子育てのことを

各地で学ばせていただきました。

中でも「食」は小さいころから関心があり、
食事作りも、子どもの時からしていたので一番好きでした。
また、長女を出産して母乳をあげていたとき

自分が食べたもので母乳の状態が変わることや

自分自身のおっぱいの状態が変わることを

身をもって知り(結構苦労しました…)

「身体は口にするものからできている」と実感しました。

そのことがますます食への関心を高めてくれたのだと思います。

 

子どもも手が離れてきたので

自分に何ができるか考えたときに

「食」のことを仕事にしたいと思いました。

子どもの成長とともに、自分も含めて英語や

外国の文化ともっと親しめるといいな、と思うようになりました。
外国の方との接点を考えたときにもやはり「食」。

自分発信で出来ること…そこで思いついたのが「だし」でした。
ちょうどその時に新聞の記事で「だしソムリエ」のことを知り

すぐに申し込みをしました。
勉強するうちに、「だし」のおいしさ

文化・歴史的なことを知りどんどん

「だし」にはまっていきました。
国内外問わずおいしい「だし」をお伝えしていきたいです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

子育てを通して食の大切さに気付く方は多いと

思いますが、それを仕事に結びつけるには

大きなエネルギーが必要だと思います。

河口さんはとても研究熱心な方で

下ごしらえした食材をいろんなお料理に展開し

マンネリ化してしまう味付けのレパートリーを

どんどん広げてくれます。

そこで、河口さんのおうちごはんと

子育て中のお母さんにおススメするごはん作りの

秘訣をお伺いしました…

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■「河口家の日々のごはん」

 

食材も調味料もいたってシンプルです!
和洋中問わず、食べたいものを作る、という感じです。

 

一品あると心のゆとりができます。

野菜が多くとれるようになって

栄養バランスのとれるおうちごはんになります。
自分で作ってみると意外にシンプルで簡単!
常備菜のアレンジも皆さんにお伝えしていきたいです。

 

 

IMG_0937

 

 

■「先手しごと」

 

「先手(せんて)しごと」という言葉があります。
ちょっと先回りしてやっておくこと、と言えばいいでしょうか?

お米をといでおく
青菜を余分にゆでておく
お芋を洗っておく
やかんやポットにお水を入れておく
いりこや昆布を水につけておく、などなど。

ついでにちょっとやっておくと後が楽になる「先手しごと」

「先手しごと」が「おうちごはん」を引っぱってくれますよ!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

毎日のことだからこそ

楽しんでごはんを作りたい。

そう思いながらも忙しいと余裕がなくなり…

そんな方にはぜひ河口さんのお話を

聞いてほしいです!

お母さんもラクになり家族も喜ぶ

「常備菜」と「合わせ調味料」

の魔法をお伝えしますよ。

 

最後に河口さんの日々の生活を豊かにするもの

を教えていただきました。

「想像力。あんなことがあったらいいなとか

楽しいなとか、妄想時間が長いです(笑)」

 

たくさんの引き出しをお持ちの河口さん。

もっともっとお話を伺いたくなる

とても魅力的な方です。

河口さん、ありがとうございました。

 

残席4名です。

お料理好きのお子さんや(親子参加OK)

春から一人暮らしを始める学生さんにも

おススメですよ♪

 

 

*:::::::::::::::*

 

日時/   1月29日 (日)  10:30~12:30 

     「洋食の素&甘酢」     

            3月26日 (日)  10:30~12:30

              「重ね煮&照り焼きの素」

 

参加費/  3000円

 

講師/   だしソムリエ

       河口晶さん

 

定員/   8名様

 

持ち物/  エプロン、タオル、三角巾

       空のジャム瓶(合わせ調味料持ち帰り用)

 

 

*:::::::::::::::*

 

◎イベントのお申込みがネットからも
 できるようになりました。↓↓↓
 名称未設定-1
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松川久美子

松川久美子

Return to Top ▲Return to Top ▲