徳島市沖浜町で 木のおもちゃデポーを経営しながら、

子育てアドバイザーとして活動している 高田健司です。

 

本日は徳島県名西郡石井町の園にお伺いをして「あそび塾」を開催してきました。

 

%e3%81%82%e3%81%9d%e3%81%b3%e5%a1%be%e3%83%bb%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e5%9c%922016111105

 

毎回どんどん参加者が増えてきており、満員御礼の状態です。(´∀`)

 

%e3%81%82%e3%81%9d%e3%81%b3%e5%a1%be%e3%83%bb%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e5%9c%922016111104 

 

今回はアナログゲームを楽しむことのできる

3~4歳より少し小さな子どもと親子でふれあいながら

プレゲーム体験を楽しみました。

 

今回はことば遊びを使って遊んでみました。

 

%e3%81%82%e3%81%9d%e3%81%b3%e5%a1%be%e3%83%bb%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e5%9c%922016111102

 

ペアカードより少し先に遊べるようになるゲームです。

 

%e3%81%82%e3%81%9d%e3%81%b3%e5%a1%be%e3%83%bb%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e5%9c%922016111101

 

この子は2歳6ヶ月。上手に選んで並べていました。

子ども達とお母さんが向き合ってていねいに遊ぶ姿は何度見ても微笑ましいものです。

 

3歳児は「ルールは理解できないが存在には気づいている時期」なので

わからなかったり理解できなかったりしてかんしゃくを起こす子どももいます。

 

子ども自身が自らのステージを上っている証であって、

お母さんはあまり気にしなくてもいいのです。

 

とは言ってもどう関わっていけばいいのか悩むのもよくわかります。

 

そんなときは子どもが理解できる範囲のルールに変更して遊んでみてください。

数が分からなければ色サイコロで遊んだり、色が分からなければ同じ絵はどれ?と絵合わせをしたり。まだ絵合わせも難しいようでしたら「わんわんはどれ?」など言葉かけをしながら親子のふれあいをはじめてください。

 

%e3%81%82%e3%81%9d%e3%81%b3%e5%a1%be%e3%83%bb%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e5%9c%922016111103

 

この子は少しお姉さん。急いでさがそう!やいろいろおふとんなど、

少し複雑なルールも難なくこなします。

 

%e3%81%82%e3%81%9d%e3%81%b3%e5%a1%be%e3%83%bb%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e5%9c%922016111106

 

「まだこの子できないんです・・・」っと別の男の子のお母さん。

 

大丈夫!大丈夫!

いつの日かゲームを楽しめるようになります。

 

その目安は「指遊びとじゃんけん」・・・。

 

続きは明日のブログで。

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

高田健司

高田健司

 

徳島市沖浜町で 木のおもちゃデポーを経営しながら、

子育てアドバイザーとして活動している 高田健司です。

 

昨日に引き続き、先日開催した『積み木遊び』の様子をご報告。

午後2時からは2歳児の男子とそのご両親が遊びに来てくれました。

 

今回のお母さんの悩みは

「どう子どもに関わっていけばいいのか?」

「うちの子は遊べているのだろうか?」

 

この悩みもよく相談を受けます。

特に男の子のお母さんから聞くことが多いかな。

今日もそのパターンです。

 

ご家族の様子を見てすぐに「大丈夫!」とお答えしました。

じゅうぶん子どもに関われていますし、子どももしっかりと遊んでいます。

 

まだ腑に落ちない顔をしているので、さらにお話しを聞いていくと

「積み木は持っているけど、遊べていないように思う。」とのこと。

ふむふむ。

 

「放ったらかしにしていると遊ばない。」

「自分で積んではすぐに壊すの繰り返し。」

「積むことをあまりせずに並べるだけ。」ふむふむ。

 

お答えします!すべて発達のみちすじ通りの行動!

子どもは周りの大人と関わりを持とうとし、

その関わりの中で多くのことを学ぶのです。

 

ひとり遊びができるようになるのはまだまだ先。

『テレビ漬け』『スマホ漬け』にすればかなりの時間画面にひとりで向かっています。

でもそれは遊んでいるようにみえますが、遊んでいるのではなくおもちゃやテレビに遊ばれているのです。

 

積み上げた積み木を自分で崩す行為を繰り返すのも2歳児の発達におけるみちすじからの行動。しっかりと作り上げる為の準備段階とでもいいましょうか、積んでは崩すを何度も繰り返します。大人が積んだ積み木を壊しに来るのもこの頃の特徴です。

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a4201611062100

 

ではなぜ?

 

それは『自らが関わっていくこと(原因)でカタチが変化すること(結果)の喜び』を味わっているのです。決して「お母さんへ意地悪をして喜んでいる!」のではありません。(^-^)/

 

積み木は積むものと考えてしまうのは大人。子どもは自由な発想で遊びます。並べたり積んだり、転がしたりカチカチと打ち鳴らしたり。お友達とお話するかのように語りかけたりもします。

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110629

 

積んだ積み木をジェンガのように抜き取って遊んでいる姿を見たときは「さすが!」と手を叩いてしまいました。

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110623

 

しばらく遊んだら外が気になりだしたらしくパパとお散歩。その間にお母さんといっしょに積木遊びを楽しませてもらいました。「ここに置いて~、次はここに。」四方向に同じ向きで置いて行ってもらいました。「これ面白い!これなら私も楽しめる!はやく家に帰ってしてみたい!」と乗ってきたところでボクちゃんが再登場。

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110626

 

お人形を上手に置いていってくれました。大人の行動をよく見ているのですね。一つひとつ丁寧に置いていく姿を見て「うわ~すごい!」と感動するお母さん。そうなんです!自分たちが考えている以上に子どもはしっかりと遊べるのです。

 

さらに彼は中央にできた穴に興味を持ったようで何度も覗き込んでは何かをしたい様子。「どうぞ!」と声をかけると、人形をそっと穴の中へ入れました。

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110627

 

かわいいですね。

そのあとは、中の人形を取り出そうとして腕をおもいっきり突っ込んで積み木は大破!ちゃんちゃん!(´∀`)

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110630

 

徐々に積み木とお部屋に慣れてきた様子で、最後は自分で積もうとしていました。まだまだ思うようには積めませんが、大人が関わることで少しずつ上手に積めるようになることでしょう。

 

お母さんの悩みも解決した様子・・・。(´∀`)

これからもいっぱい遊んで素敵な思い出を作ってくださいね。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

高田健司

高田健司

 

徳島市沖浜町で 木のおもちゃデポーを経営しながら、

子育てアドバイザーとして活動している 高田健司です。

 

今日は、先日開催した『積み木遊び』の様子をご報告。

午前11時から元気いっぱいの男子4人、2組のが家族が遊びに来てくれました。

 

それぞれがそれぞれの思うことを即行動するタイプが見事に揃い、まずはそこから軌道修正することに。「積み木で遊ぶ前にお話聞ける~?」「イエローカード何枚で退場か知ってる?」そんな話からスタートでした。(^-^)/

 

とにかく何事にも興味津々の年齢ですから、机の上は気になるし水道の蛇口を意味なく触ろうとするし。まるでセンダックの絵本かいじゅうたちのいるところの主人公マックスが10倍ぐらいパワーアップして4人集まった感じ。ボクも彼らの行動の全てに集中しての大人の対応がマックスです。(´∀`)

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110601

 

ところが積み木を渡して遊びだした途端に空気がガラッと変わり、集中モード。子どもって凄いなと思う瞬間でした。ちょっとだけ遊んで見せるとそこから彼らは自分たちの世界へ。ボクが積み木で作った机やテーブルを真ん中にして部屋の間仕切りを作り出し、その部屋の間仕切りがどんどん上へと伸び始め、部屋の中心にニョキッと柱を立てたかと思うと、見事に屋根を作り上げ、中が空洞の建物を作り上げました。

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110602

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110603

 

負けじと別のマックス君たちがそれぞれの想いをカタチにしていきます。静まり返った部屋の中でボクはただただ感動するばかり。

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110604

 

パパも一緒にお部屋作りに参加。童心に帰って「ここはこっちやな~、ポイントは積み木1枚空けることや!」と大きな子どもが2人、ボクを入れると3人が結構夢中になって遊んでました。

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110605

 

それぞれの作品が完成したところで共同作業で大きなものに取り掛かります。簡単なようですが意外と難しいレンガ積み木のタワーです。特に今回はプレイマットの上なので移動するだけでぐらつきます。完成かと思うとどこかが崩れ、そこを直すと別の場所が崩れ。ちいさな挫折の繰り返しを我慢できずに投げ出すかと思いきや最後まで集中して作業に取り掛かります。さすが子どもたち!大人では考えられない根気強さと前向きさ。

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110606

 

でもやっぱりすぐにわんぱく坊やに戻るところが可愛い。こんなとこから覗いたり、

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110607

 

カメラを向けるボクに挑発的な行動を取ったりと・・・。

 

%e7%a9%8d%e6%9c%a8%e6%95%99%e5%ae%a42016110608

 

こんな顔で迫ってきたら、思わず仕事を忘れて「おもいっきり遊んでしまうやろ~~」(^O^)

 

遊びの天才、デポーさんを困らせないで~~。

 

 

今回の講座ではレンガ型の積み木のみで遊びましたが、ご家庭ではいろんな形がセットになった積み木・スターターセットをお勧めします。積み木遊びが「あまり得意じゃないの~!」ってお母さんも遊び方のガイドブックが付いているので安心です。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

高田健司

高田健司

こんにちは木のおもちゃデポーです。

 

みんなの笑顔の輪を広めたい!と

日々奮闘するデポー

 

そんな

デポーのアトリエ「くらす」では

親子が豊かに成長していけるようにと願い

子どもの発達に合った遊びやおもちゃを紹介する

「親子ふれあい教室」

開催しています。

 

DSC08775

 

DSC09782

 

 

「親子ふれあい教室」

親子で一緒に遊んだり、

子どもとのかかわりを学んだり

あそびに夢中になる子どもを見守ったり

 

DSC09789

 

ところで、

人が豊かに成長し、笑顔で日々暮らすためには

私たちの生活だけでなく、

私たちをとりまく環境もとっても大切ですよね!

 

そこで、

木のおもちゃデポー

森を守る活動に皆さんと一緒に

参加させていただくことになりました。

 

 

デポーでお客様が「親子ふれあい教室」に参加いただくと、
参加費の一部が環境貢献に役立てられる

「もりまも」

 

「もりまも」とは、

「親子ふれあい教室」に参加いただくことで、

ご参加いただいた方に、

間接的に森を守る活動を応援していただくことになる

「カーボンオフセット」という仕組みです。

 

名称未設定-4

●教室参加につき、徳島の森1㎡(1年間)の整備と

1㎏のCO2削減に貢献することになります。

 

▶カーボンオフセットとは

 

カーボン・オフセットとは、

どうしても削減できない温室効果ガス(CO2)について、

ほかの場所での排出削減

吸収量でオフセット(埋め合わせ)することをいいます。

 

i_carbonoffset

 

 

地球温暖化防止に貢献するだけでなく、

徳島の森や水を守り、

地域再生にもつながるプロジェクトです。
カーボン・オフセットの考え方は、

ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアなどで活発に取り組まれており、

日本でも取組が拡がりつつあります。

 

デポーがカーボンオフセット

「もりまも」の活動に参加することで

お客様が森を守ることに

少しでもご興味をお持ちいただけたらうれしいです。

 

これから子どもたちが生活していく環境、

徳島の森を一緒に守っていきましょう。

 

 

高田健司

高田健司

Return to Top ▲Return to Top ▲