こんにちは。

少し長くなりますが こんな出産もあるのか…と

誰かのお役に立てたらという思いで

レポートしたいと思います。

 

image

 

 

 

 

今回のお産は逆子から始まりました。

 (逆子のケアもしましたが別記事に書きますね。)

38週で逆子までいかない変な位置に赤ちゃんの頭が

ありまして…外回転術でも治らず次の週の

帝王切開の日を決めて帰りました。

 

その健診から2日後の夜中におしるしがありました。

ただ上2人の出産もおしるしから4日は経過して

いましたので、慌てませんでした。

 

そして、4日目くらいが丁度満月の日でした。

もしかしたらね…なんて思っていました。

 

家事も終わりソファーで昼寝から覚めた直後の

15時から下腹部の痛み開始でした。

前駆陣痛か恥骨の痛み、産道の開きかけなのか

急ぐことはないかもしれないですが

陣痛カウントするアプリで間隔を計測しました。

いきなり10分切りました!の表示。2~8分間隔。

痛みは生理痛くらいで 元ある子宮の辺りが痛いだけ。

お腹全体はピキっと張るだけ。

 

 

これで病院に走っていいのかな?判断迷ってました。

でも下の方が痛いなら赤ちゃんの頭が

下がってきてるということかも…?

いきなり こんな間隔で来るなんて…。

また遠のくのではないか?と迷いながら
入院の最終チェックをしようっとと歩き始めたら

足が止まるほど痛い!下腹部だけが痛い!
下からお腹を抱くようにしたら 痛みが和らぐ。

自分の状況を冷静に判断して…

自宅出産になる前に病院に行こう!っと

決意しました!

 

家にいた主人にも用意してもらい家を出発したのは

行くと決めてから20分もかからないくらいでした。

 

image

 

 

病院に着いたのは15時半。

日曜日だったので車もスイスイ。
総合病院なので救急受付は混んでましたが

経産婦の陣痛なので 早めな診察。

担当医ではない当直の男性医師。

内診、エコーして
「逆子治ってる!頭下だ!
子宮口7~8センチ(開いてる)だね。 入院ね。」

はー。病院来て良かった。とホッとした瞬間でした。
あのまま家に居たら自宅出産だったわ~。

すぐに病棟に車椅子で移動すると…

陣痛室には行かず分娩室へ…。この時点で16時。

待機してくれていた助産師さんは母親学級の司会の方。

なんかホッとしました。

助産師さんも覚えてくれていて 陣痛の間に分娩室の用意を

しながら上2人の出産の流れなど細かく丁寧に

確認してくれてリラックスモード。

少し陣痛が遠のいたりはしたけれど 少しずつ間隔が

整ってきました。

 

 

今のうちにテニスボールをお尻に敷いて座り
赤富士を描きました。
仲良い友達に赤ちゃんが来ますように。。。

心から願いを込めました。

赤ちゃんパワーももらいました。

不思議なもので赤ちゃんが生まれ出てくるための

痛みが陣痛なら 痛さまで愛おしいのは

母心なんでしょうか。

分娩室で描くなんて思わなかったけれど
陣痛室で待機の時間なかったので
年配の助産師さんが なにそれ~?と初めて見る

儀式みたいに 質問攻撃にあいました。

 

 

リラックスモードなうちに 少しずつ陣痛が強まり

始めました。

って言っても自然呼吸で主人と会話できるくらい。

まだ 下からの出血、破水なし。

赤ちゃんの位置は高め。子宮口8~9センチ。

赤ちゃんの顔の向きはまだ…何時の方向。

とか助産師さん同士の会話で言ってたなぁ。

 

「赤ちゃんが骨盤に回りながら下りてくるはずだから

まだかなー。」と若い助産師さんの予想。

ただ 上2人の出産経験から推測すると2度とも

赤ちゃんの位置は高めから子宮口全開の…早い展開。

 

内診する度に主人は外に出されました。

それからすぐです。内診中にパシャリと破水しました。

たぶん17時17分でした。(陣痛から約2時間)

 

助産師さんは「破水したら 早いかも。

回りながら下がってくるかも?軽くいきんでみる?」

しかし、まだ 自然にいきむ程の陣痛では

ありませんでした。

 

そこからですね。

本当に下に向かって押されるような陣痛!

長男の出産の痛み思い出してきた~!
なんだか 恐怖心が増しました。

 

 

旦那は「もう少しで満潮だよ。」と話しかけてくるし。

モニターの見方忘れたとか笑ってるし!

もう返事はしませんでした。

出産あるある!?

旦那さんとの温度差ありますよね〜。

今から思えば主人も3度目の立会い出産。

2人目はへその緒を切りましたし、3回目の立会いの

余裕でもあったんでしょうかね。

感謝をしなければなりません。

助産師さんが交代の時間になり 次の助産師さんは

またまた 母親学級の時に司会指導をしていた

貫禄ある主任さん。

優しいけどピリッとした感じの人。

でも安心感あるわー。

間で経産婦を褒めたりするのも上手。

この少しのリラックスや安心感で背中を押してくれるんだと

改めて実感しました。

 

内診しては 「いきみたくなったら押してね」と

ナースコール渡して消える。
分娩室に私1人。

マックスの痛みでないけど 頭が下がってきた気がして

ナースコール押してみました。

今思えば動揺し始めていたのかもしれません。

 

次は先生が来てくれました。
内診すると「全開だね。」

そうそう!ここからよねー!ここからは早いはず!
自分の心に話しかける。

そこから 陣痛3回目くらいの波で…あ!

自然にいきみたいかも?に変わり

廊下で待機の主人も分娩室に呼ばれる。

 

 

助産師主任さんが 優しく「いきんでみる?」
私「はい。ふー。んー。んー。」

声は出てないです。
ソフロロジーなので深い長い呼吸のみ。

主任さん「上手!さすが経産婦さん!」

主任さんが股を押さえて
「もういきむの止めて!呼吸してね!」

私、いきむの止めるのどうだっけ?

だって股痛いんだけど…って考えてたら
隣でのんびり手袋はいてる先生。

 

 

その間に私小声で「股が痛いです。」←まだ敬語に

できる冷静な自分が面白くて少し我に返りました。

 

先生が手袋装着できたら 主任さんが 少し後ろに

下がったと思ったら

どぅるーん!!

 

主任さん赤ちゃんキャッチしながら
「はい。おめでとうございます!」
「男の子ですよ~!」
18時27分。

 

 image

 

私も主人も はい?!もう出たんですか?

って顔になっていたはずです。

なんで押さえてたの?お股が痛かったやないのー!って内心。

言えるはずもなく 赤ちゃんを胸の上で

見せてもらい赤ちゃんの処置が隣で始まりました。

 

私の処置の間は主人は廊下へ。

処置をしてもらいながら胎盤も見せてもらいました。

胎盤の感じも懐かしい!

胎盤の重さ600g、へその緒60センチ。

赤ちゃんの処置も終わりました。

赤ちゃんは3400g、51.5㎝

予定日より10日も早いのに大きかったです。

上2人みたいに40w5dまでお腹でいたら

帝王切開だったかもなぁ…。

なんて 考えたりもしました。

 

image

 

 

 

しかし 奇跡のように 逆子も治ってくれて
満月の満潮時間に産まれてきてくれて
赤ちゃんが産まれてきたいタイミングを

選ぶんでしょうね。

 

出産は本当に奇跡、命がけですね!

 

3度目の妊娠は悪阻から始まり、何度も逆子や横向き

にもなり 『母と子は繋がっている』ということを

考えさせらました。

 

毎回違う出産だからこそ その子らしい出産なのかも

しれません。

いろんな想いを繰り返し母になることを試されている

ようでもありました。

 

 

 

 

 

こんな感じであれよあれよと出産は終わりました。

長々となりましたが読んでいただき

ありがとうございました。

福岡亜矢子

福岡亜矢子

2016年5月24日 17:26

出産

 

こんにちは。

 

 

ご報告させてもらえる日が来ました!

 

無事に男の子を出産しました!

 

予定日よりも10日も早くなりましたが

 

3400gの大きな赤ちゃんです。

 

満月の日の満潮時に合わせたような誕生となりました。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母子ともに元気です。

 

出産の時のお話は近々別に書きますので…

お楽しみに。

 

では また…。

 

 

 

 

福岡亜矢子

福岡亜矢子

 

こんばんは。

 

今日は何月?という程の暑さでしたね。

ゴールデンウィーク真っ只中!なのに

真夏でしたよね。

 

ランニングシャツで帰る小学生を見ましたよ!

私もあなたの格好したいよ〜!と運転しながら

微笑みました。

 

今日は忘れられない日になったので

ご報告させていただきます。あ!まだ出産ではないです。

 

今日はDEPOT両店定休日でしたので

スタッフミーティングでした。

私も引き継ぎのつもりで参加させてもらいました。

しかし…なんと こんなサプライズが!!

 

 

 image

 

 

 

なんと!サプライズが上手なDEPOTの仲間たちから

私の大好きなカラーの花束や

 

image

 

 

 

お客様、関係者の方々のメッセージや

写真入りのアルバム。

アルバムの表紙までハンドメイド!

格好良すぎです!

 

image

 

 

 

 

そして メッセージ入りのムービー!!

 

もう 大粒の涙は堪えきれませんでした!

結婚式以来?!上の子達の出産以来?!の

止まらない涙、涙、涙。

 

 

 

忙しい仕事の合間にどれだけの時間をかけて

サプライズを計画し実行してくれたのか。

 

どれだけのお客様、関係者の方、私の友達に

声をかけてくれたのか。

そして、その方々に私を思い出していただけたのか…。

 

考えるだけでも胸がいっぱいです。

 

メッセージ1つ1つ読み返しながら

その方との時間や会話、思い出の商品を思い出しています。

産休に入っても自分自身を振り返る時間はあえて

ないままに来ていましたので

本当に今日は自分を見つめ直すいい機会になりました。

 

image

 

 

ありがとうございます!

 

そして  改めて 出産に向けて勇気をもらえました!

何があっても乗り越えた自分をイメージできる!…は

言い過ぎですかね。

陣痛の痛さは難関ですもんね。

 

 

でも入院の時に荷物に持って行きたい大きなお守りになりました。

間違いないです!

 

あたたかいスタッフに見送られて幸せです。

そして 早く帰ってきたい!

今の気持ちを忘れず人へと繋げられる人になりたい!

と改めて決意しました!

 

 

本当にありがとうございました。

 

image

福岡亜矢子

福岡亜矢子

 

こんばんは。

今日は家族みんながお休みでしたので

お家でのんびり?賑やかに過ごしました。

 

賑やかというのも

5歳になったばかりの娘に

2歳3ヶ月の息子。

 

仲良しなんですが

1つの遊びをすると小競り合いが始まるんです。

 

お姉ちゃんのぬり絵の邪魔したり

お姉ちゃんの積み木の配置を変えたり

お姉ちゃんの絵本を取り上げたり。

 

弟くんはお姉ちゃんの遊び行動を真似したくて

チャレンジしたくて堪らないのです。

 

弟くんは良かれと思って小さなお手伝いや

小さなつもりのいたずらをするんです。

 

それがお姉ちゃんには許せない時もあるんです。

 

すると イヤイヤ期独特でしょうか

弟くんも負けてないんです。

お喋りも意思の表現もある程度できますが

おもちゃをお姉ちゃんに投げつけたり

お姉ちゃんの作品をわざとぐちゃぐちゃに

してしまったりする時があります。

 

それらの反発行動をした後に必ず

「ごめんなさい、言わんもん!」

と付け加えるんです。

 

 

今日も  あら…と気づいた私は

どうするのか見守りました。

 

弟くんは  「ごめんなさい、言わんもん!」と

ブツブツ繰り返して ツン!としています。

 

それでも  グッと堪えて見守りました。

 

 

するとお姉ちゃんが弟くんの顔を覗き込み

こう言いました。

「ごめんなさい、言わんのだったら

ちいさい声でいいけん  言ってみたら?」と

優しい声で言いました。

 

すると  弟くんは小さい声で

「ごめんなたい」と言いました。

 

お姉ちゃんは笑顔で「小さい声で言えたなー!」

「すごいでー」と弟くんの頭を撫でました。

 

 

笑顔に戻った弟くん。

それに気づいたお姉ちゃんは

「大きい声で言ってみる?」と優しく

聞き返しました。

 

すると弟くん目をキラキラさせて

「ごめんなつぁい!」

と言いました。

 

今日の一場面は 親の出る幕無しでした。

 

姉と弟の成長を感じることのできた瞬間でした。

 

弟くんも引け目を感じるくらい

謝るタイミングがわかってるのも成長。

周りの空気を読み取るのも姉と弟できてる

証拠なのかもしれません。

 

喧嘩の声や泣き声、言い合いの声もあるけれど

きちんと  きょうだいで向き合って

乗り越えたように見えたので

親として ほのぼのとさせてもらえました。

 

イヤイヤ期もいつまで続くのか分かりませんが

こんな 日常に気づかせてもらえるなら

イヤイヤ期も悪くないなぁ…と

思えた1日でした。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (この写真は夏頃のものですが、仲直りの後の距離感は

こんな感じです。(笑))

 

DEPOT  福岡

福岡亜矢子

福岡亜矢子

 

計画的断乳の前編からお話はつづきます

 

次の課題は夜中です。

夜中は目を閉じたまま おっぱいを欲しがるので

おっぱいの笑顔は効果なしです。

 

どうしましょうか…。起きても

まずは声かけしました。「おっぱいバイバイねー。」

バイバイというと余計に泣いたので「ないないねー。」

にしてみました。少しだけ  泣き止みました。

しかし 相変わらず眠気と闘いながら「イヤ!」

の寝言を繰り返していました。

 

そんな事を繰り返しながら  夜中は吸う日が

1ヶ月くらい続きました。

 

今振り返れば1ヶ月も長かったかもしれません。

 

次の課題は夜中の添い乳をどう辞めようか。

主人の休みが続く日に夜中泣いた時だけ

お願いしよう!夫婦で作戦を練りました。

 

まずいつも通り抱っこの寝かしつけをしました。

夜中に泣き始め  おっぱいを探し出した時に

私は別の部屋で待機しました。

私が居るとおっぱいを探し続けるからです。

 

泣き声が大きくなるたびに  寝室へ行きたくなりました。

主人は抱っこしたのか  トントンしたのか

分かりませんが30〜40分がんばったようでした。

 

しかし寝る気配がないので  私は戻りました。

そして  抱っこしたら  泣き止み  すっと寝てくれました。

今までは私を見るとおっぱいを欲しがり

抱っこで寝てくれなかったのに…

泣きすぎてパパよりは良かったのでしょうか。

 

 image

 

 

後で主人が私が部屋から居ない間の話を

してくれましたが  最初 主人を私と間違え襟を

下げておっぱいがないのに気づき泣いたそうです。

 

次はお姉ちゃんの服をずらして泣いたそうです。

 

それを聞いてから 泣きました。

その夜は眠れませんでした。

 

息子は頑張っている!ここで引き返すまいと

母は改めて決意しました!

 

次の日も主人に頼もうかと考えましたが

夜泣きの時は私が抱っこで寝かしました。

 

おっぱいくれなくても抱っこで

辛抱してくれているようでした。

 

1週間くらいそんな夜が過ぎました。

 

すると抱っこにも抵抗するようになりました。

泣くけれど  トントンも抱っこも嫌!

 

一人で悶えながら布団でコロコロして

寝るようになりました。

 

横には居ますが何もしてあげられないのも

辛い時間でした。

 

勝手に計画したのは親の私です。

見守ることしかできません。

「イヤ!…イヤ!…」と寝言をいう

息子を見守ることしかできませんでした。

 

 

少しずつ寝つきも良くなり夜中も目覚める回数が

減ってきました。

 

計画してから2ヶ月くらいかかりました。

かかりましたというより2ヶ月くらい

かけました。

 

2ヶ月は残酷だったのかもしれませんが

今となっては良かったように思います。

 

少しずつ授乳の回数や量を減らしたので

胸も痛いほどは張らなかったし

私の食事の量も少しずつ減らす意識をできました。

 

 

image

 

 

全く吸わなくなってから1ヶ月を過ぎましたが

息子の食事の量はたくさん食べるようになりました。

 

娘のおかずを横取りするくらいになりました。

 

本当によく頑張ってくれました。

 

好きな物も増えてきました!

 

もう少し野菜を食べて欲しいと欲はありますが

嫌いな物も克服するときも増えてきています。

 

食事の時間が待ちきれない時もあるくらいです。

 

 

 

成長の形が日々変化しています。

 

もうおっぱいを必要としてくれないけれど

その分抱っこを求めてくれるときもあり

寝つくときも  半目で変な顔してるのを

見守る楽しみも増えましたし

子育てには悩みや問題の次には

楽しみや感動がたくさんあることを

改めて考えさせられました。

 

 

最後に断乳を経て少しだけ

大きくなった息子の背中を一枚

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡亜矢子

福岡亜矢子

Return to Top ▲Return to Top ▲