こんにちは。

夏休みに突入し、お子様と一緒にご来店のお母さんたちから

「毎日何しましょう…」と次々とご相談を受けています。

 

みなさん毎日どんな風に過ごされていますか?

 

ちなみに我が家は朝も夕方保育園からの帰宅後も

子どもたちがこぞって毎日遊ぶものが

この「レンガ積み木」なんです。

名前の通りシンプルなレンガ型の積み木。

サイズは子どもの手にしっくりくる2×4×8センチ。

 

IMG_3805

 

「同じ形ばかりで、何歳くらいでどんなものを作るようになるの?」

というご質問をいただくことがあります。

 

店頭では実際にレンガ積み木を使いながらご説明させていただいたりもします。

 

今回は我が家の息子の作品を例にお伝えしますね。

秋に4歳になる長男も作品に少しずつ変化がみられ、

今では「足りない!」と言うほどになりました。

息子が今までに作った作品の写真を比較してみます。

 

9F91EF19-F9E1-4CE3-8E0B-A2A1D16DBD2F

 

2歳まではただただ積む。崩す。並べてドミノする。

を繰り返して遊んでいました。

 

写真の上の飛行機を作ったのが2歳になったばかりの頃。

しばらくは少しの積み木で作っていた乗り物が数日後には写真左下の飛行機に!!

 

その頃からお家と言いながら作るものが2階建てになったり、車庫つきになったりも。2歳半には(上の写真)右下の飛行機になりました。(操縦席の)椅子や羽根も立体になったようです。早く飛ぶイメージを言葉で付け加えたりし始めたのもこの頃。

 

「ママ見て!早そう?かっこいいだろ?」(かっこいいでしょー?)と見てほしいポイントや改良したところをアピールしてました。

 

その後も日に日に少しずつ複雑な形や構造に・・・折り紙などはまだまだ不器用でしたが、持ちやすく積みやすいこのサイズの積み木は思った「形」を表現するのにぴったりなんです!

 

自分の【好き】や【好み】が作品になるので親の私にも手に取るようにそれが伝わってきました。

 

 

IMG_4039

 

長女は家やお城、部屋の間取りなどをよく作っていましたが、息子はやはり乗り物が多かったです。

 

2歳半以降は下の写真のように飛行機は大きくなり、

飛行船や宇宙船などテーマも増えて格納庫まで作るようになっていました。

 

お人形などを乗せて作った作品でお姉ちゃんとごっこ遊びをするときは・・・

弟「のったかな?」

姉「はい。のったわ。」

弟「出発するぞ!準備はいいか?」

と言うふうに。

 

この時に登場するのがグリム社カラフルフレンズです。

レンガ積み木とのサイズ感も程よく白木の積み木に

ナチュラルなカラーがアクセントになります。

 

IMG_4040

 

最近は宇宙飛行士やロケットにも興味があるようで、

こんな手の込んだロケットを作る日々。

息子の積み木の並べ方には面白い特徴があり、

全部の積み木を左右対象に置いています。

上の写真のロケットも裏側まで左右対象で放射線状に広がりがあるんです!

 

IMG_3819

 

先日は「より高く!」を目指してこんな大作も!

下の方の積み方も息子なりの決まりがあるようで面白いなぁ。

 

IMG_3813

 

お姉ちゃんはなんと壁から自分が入れるくらいの家へ発展!

 

IMG_3947

 

お姉ちゃんが虹色トンネル(特大)を組み合わせ出したら…

 

IMG_3990

 

息子も違うカラーの虹色トンネル(特大)を足して、

シュ〜ッとレンガ積み木を滑らせます。

 

IMG_4037

 

6歳の娘も毎回違うものを作りますが・・・

迷路とお人形や動物積み木を結びつけてこんなダイナミックな作品も!

 

IMG_4036

 

IMG_4038

 

レンガ積み木で囲って池を表現してるのがポイント!

 

創造力、想像力、観察力、空間能力、問題解決能力など…

毎日遊ぶ中で少しずつ成長しているのが分かります。
全て同じ形のレンガ積み木で作ったとは思えないほど、

作品それぞれに表情を変えるので本当に不思議!

 

子どもたちと作り始めたら親の私が置いてけぼり。

想像力溢れる子どもたちからアドバイスもらう場面が多々あります。

 

作ったものを次の日まで残しておいて、

作品作りの続きを楽しむのもいいですね!

 

長~い夏休みだからこそ、子ども達が

たっぷりと遊べる環境作りをしていきたいですね。

 

======================

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(8月20日まで月曜日も休まず営業)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

 

福岡亜矢子

福岡亜矢子

 

こんにちは。

徳島も梅雨入りしたと聞くだけでなんだか少し構えていましたが、

梅雨の中休みと聞いてホッとしています。

 

我が家の3人の子ども達も風邪をひいたりしましたが復活し、

やっと新生活に慣れてきたところです。

 

今日は子育てになくてはなくてはならない抱っこ紐について

実体験をもとにお伝えしようと思います。

 

IMG_3521

 

もちろんママの両手の抱っこが1番。

けれど…どうしても両手を使うとき

抱っこ紐を必要としますよね。

 

 

みなさんはどんな時に抱っこ紐を使いますか?

 

片手に日傘、雨の日は雨傘。

もう片方に鞄。その上買い物袋。

ママの荷物は多いです。

 

IMG_3523

 

 

我が家ではいろんな場面で使うときがあります。

 

・まず朝食を作るとき寝起きが悪い時に甘えん坊の次男をおんぶします。

   もう少し眠りたかったのか、すぐに背中から寝息が聞こえてきます。

 

・小学生の娘を歩いて送って行く時に前向き抱っこでお散歩します。

 長男も一緒に歩くので長男とは手を繋ぎ、

 次男も長男の顔が見えるのが楽しいようです。

 

・次は保育園組を送る時に車から園内の各部屋まで送る時にも使います。

 両手に布団やお着替えの入った鞄も持ちやすいです。

 

・夕方お迎えの後 お姉ちゃんのお迎えや習い事の送迎、

 習い事の待ち時間などにも使います。

 

・買い物の時もカートに乗りたがりませんが

 抱っこ紐だと機嫌良く居てくれたりします。

 

・もちろん 夕飯作りの時も抱っこ〜抱っこ〜の時はおんぶして、

 キッチンに立つ時もあります。

 すぐに寝てしまい夕飯の仕上がった時に合わせたみたいに起きてくれます。

 

1歳になり伝い歩きも増えましたが、

まだまだ抱っこ抱っこなので活躍してくれそうです。

なくてはならないアイテムです。

 

 

IMG_3518

 

 

抱っこ紐は持っているから上の子のものを使おう。とか

友達から譲り受けたり…お下がりで使っていませんか?

 

我が家は3人それぞれに買い替えました。

娘の時はベビービョルンを知らず他メーカーさんのものを使っていましたが、

娘はいろいろな不調をかかえてしまいました。

 

2歳の頃にいい先生に出会い治療をしてもらえましたが、

安易にみんなが持っているからと選んだのが間違いでした。

本当に申し訳ないことをしたな。と反省しました。

 

そして長男の時にはデポーに勤めていましたし、

ビョルンのoneが発売されたすぐで、

体型ぽっちゃりの息子(半年で10キロ!)でも楽々抱っこできました。

 

 

しかし、あることに気づいてしまったのです…!

oneを持っているのになぜone+に買い替えたのか…

 

私も長男の時の使い慣れたoneを使うつもりでしたが

次男が2ヵ月ごろにone+を次男と試着してみました。

もう!びっくりでした。

こんなにも楽になるのかと・・・。

 

oneも凄くよかったのですがone+さらに

パワーアップしていました。

肩や腰のパットが厚くなり肩への負担が軽減されました。

紐も日本人向けに少し短くなり余り紐も少しで

邪魔になりません。

違う抱っこ紐を使われたことのある方は

違いに実感し感動されると思います。

IMG_3544

 

私は毎日何度も使いますが装着の度にいくつかのポイントをチェックします。

それはママが快適に動くために肩だけでなく腕や足、

肉体疲労からくるメンタルにも関連しています。

抱っこして動くママにもとても重要なことなんです。

 

そして 

日々成長する赤ちゃんにも

股の間の長さ

お尻から肩までの長さ

シーン別の使い分け

お腹周りの締まり具合など

快適なポイントはたくさんなんですよ。

少しのポイントをチェックするだけで親も子も

楽になりますよ。

 

 

デポーでご購入くださった方には、直接、調節の方法を

ママさんパパさんお子様と一緒に

ベストな状態で快適に使い続けていただくために全力でサポート致します。

前を通る時には調節の具合がベストかチェックしにお立ち寄りください。

 

DSC07677

 

ご試着もできますので、

まずはお気軽にご相談下さいね。

 

 

ネットのお店はこちらから

 

デポー本店
ベビービョルンone+
ベビービョルンone+air(メッシュ)

デポー楽天店

ベビービョルンone+
ベビービョルンone +air(メッシュ)

 

お問い合わせは

木のおもちゃデポー

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

福岡亜矢子

福岡亜矢子

 

こんにちは。

少し長くなりますが こんな出産もあるのか…と

誰かのお役に立てたらという思いで

レポートしたいと思います。

 

image

 

 

 

 

今回のお産は逆子から始まりました。

 (逆子のケアもしましたが別記事に書きますね。)

38週で逆子までいかない変な位置に赤ちゃんの頭が

ありまして…外回転術でも治らず次の週の

帝王切開の日を決めて帰りました。

 

その健診から2日後の夜中におしるしがありました。

ただ上2人の出産もおしるしから4日は経過して

いましたので、慌てませんでした。

 

そして、4日目くらいが丁度満月の日でした。

もしかしたらね…なんて思っていました。

 

家事も終わりソファーで昼寝から覚めた直後の

15時から下腹部の痛み開始でした。

前駆陣痛か恥骨の痛み、産道の開きかけなのか

急ぐことはないかもしれないですが

陣痛カウントするアプリで間隔を計測しました。

いきなり10分切りました!の表示。2~8分間隔。

痛みは生理痛くらいで 元ある子宮の辺りが痛いだけ。

お腹全体はピキっと張るだけ。

 

 

これで病院に走っていいのかな?判断迷ってました。

でも下の方が痛いなら赤ちゃんの頭が

下がってきてるということかも…?

いきなり こんな間隔で来るなんて…。

また遠のくのではないか?と迷いながら
入院の最終チェックをしようっとと歩き始めたら

足が止まるほど痛い!下腹部だけが痛い!
下からお腹を抱くようにしたら 痛みが和らぐ。

自分の状況を冷静に判断して…

自宅出産になる前に病院に行こう!っと

決意しました!

 

家にいた主人にも用意してもらい家を出発したのは

行くと決めてから20分もかからないくらいでした。

 

image

 

 

病院に着いたのは15時半。

日曜日だったので車もスイスイ。
総合病院なので救急受付は混んでましたが

経産婦の陣痛なので 早めな診察。

担当医ではない当直の男性医師。

内診、エコーして
「逆子治ってる!頭下だ!
子宮口7~8センチ(開いてる)だね。 入院ね。」

はー。病院来て良かった。とホッとした瞬間でした。
あのまま家に居たら自宅出産だったわ~。

すぐに病棟に車椅子で移動すると…

陣痛室には行かず分娩室へ…。この時点で16時。

待機してくれていた助産師さんは母親学級の司会の方。

なんかホッとしました。

助産師さんも覚えてくれていて 陣痛の間に分娩室の用意を

しながら上2人の出産の流れなど細かく丁寧に

確認してくれてリラックスモード。

少し陣痛が遠のいたりはしたけれど 少しずつ間隔が

整ってきました。

 

 

今のうちにテニスボールをお尻に敷いて座り
赤富士を描きました。
仲良い友達に赤ちゃんが来ますように。。。

心から願いを込めました。

赤ちゃんパワーももらいました。

不思議なもので赤ちゃんが生まれ出てくるための

痛みが陣痛なら 痛さまで愛おしいのは

母心なんでしょうか。

分娩室で描くなんて思わなかったけれど
陣痛室で待機の時間なかったので
年配の助産師さんが なにそれ~?と初めて見る

儀式みたいに 質問攻撃にあいました。

 

 

リラックスモードなうちに 少しずつ陣痛が強まり

始めました。

って言っても自然呼吸で主人と会話できるくらい。

まだ 下からの出血、破水なし。

赤ちゃんの位置は高め。子宮口8~9センチ。

赤ちゃんの顔の向きはまだ…何時の方向。

とか助産師さん同士の会話で言ってたなぁ。

 

「赤ちゃんが骨盤に回りながら下りてくるはずだから

まだかなー。」と若い助産師さんの予想。

ただ 上2人の出産経験から推測すると2度とも

赤ちゃんの位置は高めから子宮口全開の…早い展開。

 

内診する度に主人は外に出されました。

それからすぐです。内診中にパシャリと破水しました。

たぶん17時17分でした。(陣痛から約2時間)

 

助産師さんは「破水したら 早いかも。

回りながら下がってくるかも?軽くいきんでみる?」

しかし、まだ 自然にいきむ程の陣痛では

ありませんでした。

 

そこからですね。

本当に下に向かって押されるような陣痛!

長男の出産の痛み思い出してきた~!
なんだか 恐怖心が増しました。

 

 

旦那は「もう少しで満潮だよ。」と話しかけてくるし。

モニターの見方忘れたとか笑ってるし!

もう返事はしませんでした。

出産あるある!?

旦那さんとの温度差ありますよね〜。

今から思えば主人も3度目の立会い出産。

2人目はへその緒を切りましたし、3回目の立会いの

余裕でもあったんでしょうかね。

感謝をしなければなりません。

助産師さんが交代の時間になり 次の助産師さんは

またまた 母親学級の時に司会指導をしていた

貫禄ある主任さん。

優しいけどピリッとした感じの人。

でも安心感あるわー。

間で経産婦を褒めたりするのも上手。

この少しのリラックスや安心感で背中を押してくれるんだと

改めて実感しました。

 

内診しては 「いきみたくなったら押してね」と

ナースコール渡して消える。
分娩室に私1人。

マックスの痛みでないけど 頭が下がってきた気がして

ナースコール押してみました。

今思えば動揺し始めていたのかもしれません。

 

次は先生が来てくれました。
内診すると「全開だね。」

そうそう!ここからよねー!ここからは早いはず!
自分の心に話しかける。

そこから 陣痛3回目くらいの波で…あ!

自然にいきみたいかも?に変わり

廊下で待機の主人も分娩室に呼ばれる。

 

 

助産師主任さんが 優しく「いきんでみる?」
私「はい。ふー。んー。んー。」

声は出てないです。
ソフロロジーなので深い長い呼吸のみ。

主任さん「上手!さすが経産婦さん!」

主任さんが股を押さえて
「もういきむの止めて!呼吸してね!」

私、いきむの止めるのどうだっけ?

だって股痛いんだけど…って考えてたら
隣でのんびり手袋はいてる先生。

 

 

その間に私小声で「股が痛いです。」←まだ敬語に

できる冷静な自分が面白くて少し我に返りました。

 

先生が手袋装着できたら 主任さんが 少し後ろに

下がったと思ったら

どぅるーん!!

 

主任さん赤ちゃんキャッチしながら
「はい。おめでとうございます!」
「男の子ですよ~!」
18時27分。

 

 image

 

私も主人も はい?!もう出たんですか?

って顔になっていたはずです。

なんで押さえてたの?お股が痛かったやないのー!って内心。

言えるはずもなく 赤ちゃんを胸の上で

見せてもらい赤ちゃんの処置が隣で始まりました。

 

私の処置の間は主人は廊下へ。

処置をしてもらいながら胎盤も見せてもらいました。

胎盤の感じも懐かしい!

胎盤の重さ600g、へその緒60センチ。

赤ちゃんの処置も終わりました。

赤ちゃんは3400g、51.5㎝

予定日より10日も早いのに大きかったです。

上2人みたいに40w5dまでお腹でいたら

帝王切開だったかもなぁ…。

なんて 考えたりもしました。

 

image

 

 

 

しかし 奇跡のように 逆子も治ってくれて
満月の満潮時間に産まれてきてくれて
赤ちゃんが産まれてきたいタイミングを

選ぶんでしょうね。

 

出産は本当に奇跡、命がけですね!

 

3度目の妊娠は悪阻から始まり、何度も逆子や横向き

にもなり 『母と子は繋がっている』ということを

考えさせらました。

 

毎回違う出産だからこそ その子らしい出産なのかも

しれません。

いろんな想いを繰り返し母になることを試されている

ようでもありました。

 

 

 

 

 

こんな感じであれよあれよと出産は終わりました。

長々となりましたが読んでいただき

ありがとうございました。

福岡亜矢子

福岡亜矢子

2016年5月24日 17:26

出産

 

こんにちは。

 

 

ご報告させてもらえる日が来ました!

 

無事に男の子を出産しました!

 

予定日よりも10日も早くなりましたが

 

3400gの大きな赤ちゃんです。

 

満月の日の満潮時に合わせたような誕生となりました。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母子ともに元気です。

 

出産の時のお話は近々別に書きますので…

お楽しみに。

 

では また…。

 

 

 

 

福岡亜矢子

福岡亜矢子

 

こんばんは。

 

今日は何月?という程の暑さでしたね。

ゴールデンウィーク真っ只中!なのに

真夏でしたよね。

 

ランニングシャツで帰る小学生を見ましたよ!

私もあなたの格好したいよ〜!と運転しながら

微笑みました。

 

今日は忘れられない日になったので

ご報告させていただきます。あ!まだ出産ではないです。

 

今日はDEPOT両店定休日でしたので

スタッフミーティングでした。

私も引き継ぎのつもりで参加させてもらいました。

しかし…なんと こんなサプライズが!!

 

 

 image

 

 

 

なんと!サプライズが上手なDEPOTの仲間たちから

私の大好きなカラーの花束や

 

image

 

 

 

お客様、関係者の方々のメッセージや

写真入りのアルバム。

アルバムの表紙までハンドメイド!

格好良すぎです!

 

image

 

 

 

 

そして メッセージ入りのムービー!!

 

もう 大粒の涙は堪えきれませんでした!

結婚式以来?!上の子達の出産以来?!の

止まらない涙、涙、涙。

 

 

 

忙しい仕事の合間にどれだけの時間をかけて

サプライズを計画し実行してくれたのか。

 

どれだけのお客様、関係者の方、私の友達に

声をかけてくれたのか。

そして、その方々に私を思い出していただけたのか…。

 

考えるだけでも胸がいっぱいです。

 

メッセージ1つ1つ読み返しながら

その方との時間や会話、思い出の商品を思い出しています。

産休に入っても自分自身を振り返る時間はあえて

ないままに来ていましたので

本当に今日は自分を見つめ直すいい機会になりました。

 

image

 

 

ありがとうございます!

 

そして  改めて 出産に向けて勇気をもらえました!

何があっても乗り越えた自分をイメージできる!…は

言い過ぎですかね。

陣痛の痛さは難関ですもんね。

 

 

でも入院の時に荷物に持って行きたい大きなお守りになりました。

間違いないです!

 

あたたかいスタッフに見送られて幸せです。

そして 早く帰ってきたい!

今の気持ちを忘れず人へと繋げられる人になりたい!

と改めて決意しました!

 

 

本当にありがとうございました。

 

image

福岡亜矢子

福岡亜矢子

Return to Top ▲Return to Top ▲