DEPOT では、毎週楽しいイベントや教室『くらす』を開催中です。

『くらす』とは
こころ豊かな生活や丁寧な暮らしをテーマに、皆さまと共に本来の生活スタイルを考え続けていく『暮らしの体験スペース』です。皆さまも一緒に楽しんでみませんか。

最新のイベント冊子 (↓クリックすると、大きく表示することができます。)

ご予約はこちら↓↓↓から。(下のイベントカレンダーの詳細からもお申込みできます。)

イベント申込

秋らしい風がふきはじめましたね。

気持ちのいい季節、手作りを楽しんだりと

ちょっと新しいことにチャレジするのもいいですね。

 

IMGP0084

 

デポーでは、秋からもワクワクするイベントが始まります。

今日は糸のこ教室のご紹介です。

 

「十二支にはないものを作りたい」というお客様の声にお応えして、

今回は干支にない動物ばかりのデザインを選んでみました。

 

IMGP0080

「ぶた、はと、ぞう、かば、パンダ、ネコ」

の6種類の中からお好きな動物を選んでくださいね。

 

かわいい二匹の動物が仲良くペアになっています。

親子でしょうか?

それともお友達?想像が膨らみますね。

 

親子で参加して一匹づつ作ったり、

ご夫婦で一緒に作っても楽しそうですね。

糸のこは一度体験すると、

また使ってみたくなるおもしろさがあります。

 

今までの教室でも、糸のこは小学校の時以来という

お父さん、お母さんが作っているうちに夢中になって…

ということが、よくあります。

小さな子どもさんならお父さん、

お母さんと一緒に。

 

おじいちゃん、おばあちゃんとの参加もお待ちしています。

もちろん、大人のみの参加も大歓迎です。

 

 

手作りのかわいいペア動物をお部屋に飾ってみませんか?

 

IMGP0088

 

。。。。。。。。。。。。。。

 

日時/9月30日(土)

① 10:30~12:00

② 13:30~15:00    

参加費/ 1500円

定員/  各8名様   

対象/ 小学生~大人

(初めての方も、リピーターさんも歓迎)

大人 *小学生は親子で参加

講師/ DEPOTスタッフ 小谷有紀

場所/ 木のおもちゃデポー

 

。。。。。。。。。。。。。。

 

 イベントのお申込みがネットからも
 できるようになりました。↓↓↓

イベント申込

 

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

小谷有紀

小谷有紀

DSC00103

 

夏休みが明け、

毎日があっという間に過ぎ去ろうとしています。

少し涼しくなり、夜は虫の声が響き渡るような

季節になってきましたね。

 

慌ただしかった毎日を、少し見つめ直し

芸術の秋、楽しんでみませんか?

 

IMGP0438

 

色を楽しむ時間。

日常ではなかなかない時間かもしれません。

 

デポーのまんだらぬりえと今回は絵の具24色や

シュトックマーの水彩絵の具缶13色を使い

思い思いの色をのせてみました*

 

DSC00108

 

こちらはファルビーの色鉛筆で。

色の繋がりや、配色もそれぞれ違っていて

とてもふんわりとした優しさを感じます。

 

まんだらぬりえは子どもから大人まで

手軽に楽しむことができ、

ただ色を塗っていくだけなんですが

集中力が生まれ、心のやすらぎと

ストレスの軽減を実感、

心と身体を癒し、気づきを得ることができると

言われています。

 

そんな癒し効果もあるまんだらぬりえの

プチワークショップ&コンテストを

2年ぶりに開催することになりました。

 

DSC00105

 

9月18日(月・祝)〜9月29日(金)

場所:デポー店頭にて随時受付・開催

参加費:800円

(600円のまんだらぬりえmini付)

 

親子でシュトックマーのクレヨンや

ファルビーの色鉛筆を使って

受付時にお渡しした「まんだらぬりえmini」から

2枚塗って頂き応募してくださいね!

 

投票期間は

9月30日(土)〜10月9日(月・祝)まで

 

投票期間中はデポーのイベント・教室スペース

「くらす」の大きなガラス戸に

親子で表と裏に合わせてラミネートし

テグスでつなげて展示させていただきます。

親子で完成した作品展示会にもぜひ

足を運んで投票もしていただけたらと思います!

 

なんと最優秀賞の方にはデポーでご利用いただける

商品券をプレゼント!

 

期間中は毎日受付、体験していただけますので

ぜひお店にご来店の際は参加してみてください*

デポースタッフも今からわくわく、

たくさんのご応募と展示を楽しみにしています。

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

 

藤本志保

藤本志保

 

こんにちは。

夏が終わり、夏の食事ではなく、

そろそろ秋冬に向けての食事に切り替えて

食生活を見直す時期ですね。

 

我が家の昨日の晩ごはんは、

具だくさんのお味噌汁!

キノコと野菜と鳴門ワカメなどを入れ、

一椀でたくさんの栄養が摂れるように作りました。

やはり、味噌汁は万能です!!

子ども達もたくさん食べてくれて、とっても美味しかったです。

 

さて、私は何年も主婦をしていますが、

ズボラな性格なので、料理も感覚でやってしまうところがあります。

 

お出汁の事など、今までちゃんと習ったこともなかったですし、

今更聞けない…というのもあり…

今回の出汁ソムリエの河口さんの教室は、

私が一番受けたいくらいなのです!!

 

「だしソムリエの「本物の出汁」を楽しむ会」

 

3pppp

 

「かつお」「こんぶ」「しいたけ」「いりこ」

それぞれの出汁を丁寧にとって、飲み比べをします

何が違って、どうお出汁をとるのが一番いいのか、

興味津々です!

 

また、出汁を使って茶碗蒸しやだし巻き卵も作るそうです。

この二つが上手に作れたら、料理の腕が上がった感じがしそうですね。

 

小学生くらいのお子さまと一緒に参加したら、

食のことはもちろん、料理のお手伝いまで、すすんでしてくれそうですね。

また、お嫁に行く前の方や、

もちろん主婦になりたての方、ベテラン主婦の方も

是非、ご参加くださいね。

河口さんの優しい人柄と、

たくさんの引き出しから得られるものは多いと思いますよ。

 

講師の河口さんの紹介ブログはこちら

 

そして、出汁をとった後の出汁がらも無駄にはしません!

出汁がらのの活用法もお伝えします♪

美味しい試食付きです。

〇親子参加OK

 

linecamer

 

日にち/ 2017年9月10日(日)

時間/  10:30~12:30    
参加費/ 親子ペア・大人のみ2800円
    (子ども1人追加500円)
定員/ 8名様
講師/ だしソムリエ 河口晶さん
持ち物/ エプロン、タオル、三角巾、タッパー

 

 イベントのお申込みがネットからも
 できるようになりました。↓↓↓

イベント申込

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

 

 

 

 

南保優子

南保優子

夏から秋へ…

季節がかわると時の流れを感じますね。

そして、子どもの成長も時の流れを感じます。

 

デポーのお客さまは、生まれたばかりの赤ちゃんや

ちいさなお子さんと一緒に訪れてくださる方が多く

「もうこんなに大きくなったんやね~」

「うわぁ歩いてる!」

というスタッフとの会話をよく耳にします。

 

子どもの成長はとてもうれしく喜ばしいことです。

が、産後クライシスや子どもに愛情を持てない…という

お母さんも少なからずいます。

そうでなくても、忙しい毎日の中で子どもを

余計に叱ってしまい、寝顔を見ながら

「ごめんね…」とあやまった経験がある方も多いのでは。

 

今回、アトリエ「くらす」ではじめて教室をしてくださる

新講師 なかむらあけみさんは、そんなモヤモヤを抱えたお母さんの心に光を与えてくれる方です!

 

DSC06364

 

【くらす】講師インタビュー

「最新科学であなたの育児をラクにする!愛情ホルモンで笑顔ママへ」

 

講師 なかむらあけみさん

ご自身の子育てで悩まれる中、出会った

愛情ホルモン「オキシトシン」

今、子育てに不安や悩みを抱えているお母さん達に伝えたい熱い想いをお伺いしました。

 

まずは、結婚前のお仕事と「オキシトシン」との出会いから…

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■独身時代の仕事

 

全国紙の記者をしていて、休みもほとんどなく

始終、緊張しっぱなしの毎日でした。

事件や事故、天変地異に他社のスクープなど

365日24時間、すぐ対応できるよう

携帯電話はワンコールでさっととらないといけない。

毎日〆切に追われ、事件があれば、休暇中でも現場へ。

とにかく「ほっ」とする間はほとんどありません。

性格はきつくて目は吊り上がっていましたね(笑)。

 

仕事へのプライドや使命感は高かったものの、

「会社に縛られるこのままの人生は続けられない。自由に書きたい」

と常に悩んでもいました。

 

■愛情ホルモン・オキシトシン

 

長男を出産した時、自分の「優等生」「ジャーナリスト」としての

プライド両方に危機が訪れました。

赤子は言うことを聞かない。

わたしはイライラしっぱなしのダメ母…。

そして「育児書」と呼ばれる本を読んでも、本によって内容も真逆で、

情報のプロなのに育児情報は何が正しいか分からない…。

 

そのうち、

「わたしがダメ母なのは、原因があるはずだ」と思うようになりました(笑)

同時に「子育てに最も大事で、正解となる育児情報もあるはずだ」

と考えて論文を読み漁ったり、学会を取材したりするようになったのです。

 

4年かけて出会ったのが当時、専門家の間で注目が高まりつつあった

「愛情ホルモン・オキシトシン」の研究でした。

 

イライラしている「ダメ母」の原因も、そして、子どもの健やかな育ちにも

「オキシトシン」が大きく関係していたのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

プロフィール写真

 

「記者時代は目が吊り上がっていた」とおっしゃってましたが打ち合わせで初めてお会いしたなかむらさんは、とても穏やかであたたかく、親しみやすい方でした。

記者時代の経験を生かしてたどり着いた

「愛情ホルモン・オキシトシン」

今は科学ジャーナリストとして研究した情報をブログで発信、そして、各地で講演、ワークショップ活動をされています。

http://mothering-press.info/

 

気になるオキシトシンの効果は?

そして、なかむらさんが教室でみなさまに

お伝えしたいことお伺いしました…

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■ブログ「なかむらあけみのシンプル育児研究所」

 

もともと依頼を受けて「育児情報の判断の仕方」

について親向けの講演等をしていました。

でもオキシトシンの話については、自分自身だけでとどめて、

家庭でこっそり試していたんですね。

1日5分だけオキシトシン分泌を意識するようにしたら、半年で私と子どもとの関係が劇的に変わったんです。

オキシトシン関係の研究を調べるにつれ、

「すべての親が知っておくだけで、子どもの人生が変わる」と確信しました。

「日本中、世界中のお母さんに知ってほしい…!」

そんな思いでブログで発信を始めたのです。

 

■子どもたちの変化

 

独身時代はオキシトシン分泌からは程遠い毎日だったんでしょうね。

子どもも苦手でした。

それがずっと2人目の育児まで続いていたんでしょう。

4年前までは1日2時間も子どもを怒っていた超ダメ母でしたから…

 

それが「1日5分」の努力の結果、子どもたちのことをほとんど怒らなくなりました。

自分を出せなかったり、超問題児だったりした長男次男の性格も変わりましたよ。

今は物知り博士やリーダー、けんかの仲裁役として、

のびのびとクラスをリードしています。

子どもも4人に増えて負担は倍増以上のはずなのに、育児が楽しい♪

 

よその子までも可愛くてたまりません。

…本当に自分でも不思議なくらいです。

もともと子煩悩だった夫も

「ほんとうに別人みたいに変わったよね」と喜んでいます。

 

■お伝えしたいこと

 

育児中はどんなときにも大なり小なり悩みますよね。

「この育て方・愛し方でだいじょうぶだろうか?」

「わたしはいいお母さんだろうか?」

「育児に正解はない」と言われますから。

 

でもね、ほんとうに大事な正解がひとつあるんです。

「早期教育」に「〇〇派育児」「〇〇式子育て」等、色々悩む前に

まず一度「シンプルな育児」に立ち戻ってみませんか?

 

オキシトシンを意識した、シンプルな育児は、あなたがラクになります。

〇〇式…に頭を悩ませるよりも、子どももぐんぐん伸びるでしょう。

 

DEPOTさんのゆったりした空気の中で、

大事な「子育ての正解」をわたしと一緒に見つけませんか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「自分自身を責めるお母さんが多いんですよね。」という

なかむらさんの言葉が心に残っています。

 

子どもがいくつになっても

その年齢に応じた悩みや迷いがあります。

でも、このオキシトシンを知っていれば

親子の関係がより良いものに

その子自身の人生を助けてくれるものに!

 

なかむらさんがわかりやすく実践を交えながらお伝えしてくださいます。

みなさん「愛情ホルモン・オキシトシン」を手に入れませんか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日 程  9月24日(日) 

時 間  10:30~12:30

参加費  2500円
定 員  8名様(満席)キャンセル待ち
講 師  なかむらあけみ 科学ジャーナリスト

お申込み・お問合せ 

木のおもちゃデポー 088-656-0636

 

 イベントのお申込みがネットからも
 できるようになりました。↓↓↓

イベント申込

 

 

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

 
 
 

 

 

 

 

西原美智代

西原美智代

まだまだ暑い日々ですが、

お盆を過ぎると、

ほんの少し、朝夕に秋の気配が、、、

 

今年のデポーの夏祭りは

帰省された方々にも楽しんでいただこうと

お盆に開かせていただきました。

 

■「家族の笑顔をいっぱいに」

 

家族が集うお盆

「家族の笑顔をいっぱいに」したいなぁ

そんなデポーの思いを込めて

 

家族で協力して楽しめる

「カプラを高く積めるかな」を

企画させていただきました。

 

1

 

 

■KAPLA(カプラ)社(フランス)

 

積み木を高〜く積みたい!

複雑な立体を作りたい!
そんな思いに応えて作られた

積み木カプラ

 

素材のフランス海洋松は柔らかく

反りや狂いも少ないので

重ねるとピタッとくっつくき、

また厳選された素材を正確にカットしているので

高く積み上げることができるんです。

世界記録はなんと18m

 

3

 

 

■さあ!記録に挑戦

 

記録に挑戦!

7分間でどれだけ高く積み上げることができるかにチャレンジしました。

 

初めに2分の作戦会議、積み方を相談したり、

積む人、カプラを運ぶ人に別れたり、

作戦が決まったらスタート!

 

■それぞれの家族にそれぞれの楽しみ方が

 

お父さんがリードして積む家族、
お母さんがみんなの司令塔の家族、

みんなで一緒に積む家族、

 

2

 

 

高〜くなると

「あ〜もう崩れる!もうやめよう」とお母さん

「まだまだ」と頑張るお父さん

そんな微笑ましい家族もあったり

 

5

 

小さなお子さんもカプラを運ぶお手伝いをしたり、

 

1

 

壊れても何度もチャレンジする家族もあったり

 

4

 

それぞれの家族の形で

協力し合い楽しんでもらえたのが嬉しく、

ほのぼのココロ温まる一日でした。

 

 

■最高記録は162cm

 

さてさて、記録は後半どんどん更新され、

初めの計画通り、同じ積み方で、コツコツ続けた

石川姉妹、自分たちの背丈を超えて162cmが今回の最高記録となりました。

おめでとうございます。

 

6

 

 

また来年もぜひ企画したいなぁ

たくさんのご家族に挑戦いただきありがとうございました。

 

 

ネットのお店デポー 本店

KAPLA(カプラ)(フランス)

 

ネットのお店デポー 楽天店

KAPLA(カプラ)(フランス)

 

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(8月20日まで月曜日も休まず営業、

その後は、月曜日が定休日です)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

 

 

立石綾子

立石綾子

Return to Top ▲Return to Top ▲