こんにちは

連日寒い日が続きますね。

今まさに!寒さに負けない身体づくり…我が家も3人の子ども達の体をケアすることが最大のテーマです。

 

さて先週の定休日にはDEPOTスタッフで助産師・原田みさ子さんをお迎えして

「まるまる育児」を勉強させていただきました。

 

まるまる育児勉強会20180122_180124_0160赤ちゃんの抱き方誰かに教わったことありますか?

ほとんどの方がないと思います。

3人産み育てた私も誰かに教えてもらった記憶がありません。

思い返せば、ただ自己流に…赤ちゃんの首をかばいながら…となんとなく首が座るまでは授乳やおむつ替え、寝かしつけだけを気にしていたように思います。

 

まるまる育児勉強会20180122_180124_0066

 

実は赤ちゃんの姿勢こそ大切なんですね。

最も赤ちゃんの姿勢が安定した抱っこの姿勢とは?

知っているようで知らない赤ちゃんの発達。

赤ちゃんの成長に合わせたふれあい遊び。

 

知らないこともあり、少しの違いで大きな違いになることも体感しました。

 

まるまる育児勉強会20180122_180124_0046

 

まるまる育児と聞くとまるめるの?しんどくないのかな?など、疑問点もあると思います。

 

しかし原田さんから教わるうちに

なるほど!確かにうちの子こんな時よく泣いたなあ!

こんな理由があったのか!

…と赤ちゃんの声がそのまま聞こえてくるようでした。

 

いい抱っこをするためにまずは準備体操から!

まるまる育児勉強会20180122_180124_0115お気づきになりましたか?抱っこする人の準備体操です。

私も含めスタッフみんなで自身の体の捻じれや癖にびっくりしました。

 

まるまる育児勉強会20180122_180124_0136身近にあるタオルなどでセルフケア。

まるまる育児勉強会20180122_180124_0090しかも、なんて気持ちいいのでしょうか。

 

 

運動苦手な私でもこれなら続けられそうです。

毎日使う腕や体。簡単な体操でこんなに変化するとは!一同騒然でした。

 

体操を終えた後の体で赤ちゃんを抱くとなんて抱きやすいのでしょうか。

毎日お世話をするお母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんにも是非とも知ってもらいたいと思いました。

 

赤ちゃんの質の良い睡眠や運動発達などと深く関わりがあるそうです。

暮らしやお世話の中で気を付けていくポイントが分かれば、お母さんも楽になるでしょう。

 

原田さんのお言葉から…「子育ては、妊娠中から!でも、いつからだって少しずつ変えていけるのが、子どもの発達のすごいところです。
大変な子育てが、親子で、少しでも楽しくなるように、お手伝い出来たらと思います」

原田さんのお話は、もう赤ちゃん時期を過ぎたお母さんにも優しく寄り添いながら

そっとアドバイスをくださり、あたたかく見守ってくれます。

 

今回は大人のおひなまきも体験させていただきました。

まるまる育児勉強会20180122_180124_0009

先に巻かれているスタッフを見て窮屈でないのかな?と思い質問してみると…口を揃えて初めての感覚なのに落ち着く、リラックスする、あったかい、眠りそう、なんか気持ちいい。と言いました。

 

私の番になり、原田さんに「ここは?どっちがいい?」と細かく好みを聞いてくださり姿勢や締まるポイントなどその時の自分に合わせながら巻いてもらいました。

それが心地よさに繋がるのです。

 

赤ちゃんはこんな風に子宮の中で過ごしたのかな、赤ちゃんになりたいな。などと心地いいという感想でした。

巻かれた上からお互い撫でてみました。お腹の上から触ってもらうとこんな感じでお母さんを感じていたんだ…

 

お母さんの子宮、腕の中、包まれる安心感を体験することで赤ちゃんの気持ちがわかりました。

 

まるまる育児勉強会20180122_180124_0055子宮の中をイメージしながら目を閉じていると…すごく耳が研ぎ澄まされていくのを実感しました。

 

赤ちゃんは外の様子を耳と肌で感じているんでしょうね。

 

抱っこは生まれてからなんて言ってちゃ遅いですよ。

赤ちゃんがお腹にいるときから、赤ちゃんの抱っこは始まっていますよ。

 

お腹にいるときは子宮や骨盤で赤ちゃんを包み支え、抱っこしてあげていますよね。

原田先生もお腹にいるときから知っておくことの重要性をいつも語られています。

 

私も2人目の産後の骨盤ケアから、3人目を妊娠中には妊娠中の骨盤ケアを教わり、つわりや逆子などを乗り越えるためのアドバイスやトコちゃんベルトの巻き方も自分に合った巻き方ができるようになったおかげで、気分も体もきっと赤ちゃんも随分と楽になりました。

 

妊娠中から赤ちゃんがのびのび動けるように骨盤ケアで赤ちゃんのお部屋を快適にしてあげましょう。

 

原田さんの会が2月にもあります。

妊娠中の骨盤ケア・おっぱいセルフケア・産後ママの骨盤ケア

とそれぞれクラスがあります。

ぜひ妊娠中動けるときに参加してくださいね。

 

健やか育児のためのカラダ作り

参加費/各3,000円(※は健美ベルト1本付き)定員:各6名

講師/みさ子助産院 原田美佐子

持ち物:お持ちの腹巻・骨盤ケアグッズ・体を締め付けない動きやすい服・飲み物・バスタオル2枚・フェイスタオル2枚

 

~妊娠中の骨盤ケア~

時間/[2/21]10:30~12:00

   [3/7]15:00~16:30

対象:16週以降の妊婦さん※医師の診察において経過の順調な方

子育てはお腹の中から!のびのび動けるように骨盤ケアで赤ちゃんのお部屋を快適にしてあげましょう。ママが元気ではつらつと過ごすことが、赤ちゃんへの最初のステキなプレゼントです。

 

~おっぱいセルフケア~

時間/[2/21]15:00~16:30

   [3/7]10:30~12:00

対象:妊娠30週以降の妊婦さん

赤ちゃんが産まれたらおっぱいで育てたい!でも母乳って大変そう?出るのかな?色々と気になるころありますよね。

知っておきたい母乳育児について分かりやすくお伝えします。

 

~産後ママの骨盤ケア~

時間/[2/21]13:30~14:30

   [3/7]13:30~14:30

対象:産後のママ 受講時6ヶ月未満の親子

2人目3人目の出産を考えている人もそうでない人も、今からでも遅くない!知っておきたい骨盤の話。産後の不快症状対策と体力回復のための毎日の工夫&ちょこっとセルフケア。

 

お申込・お問い合わせ/

木のおもちゃデポー 088-656-0636

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込みは下記からお願いします。

 

名称未設定-2

 

 
お問い合わせ お申し込みは

木のおもちゃデポー

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

駐車場は店舗前に10台
店舗裏に5台

 

 

 

 

福岡亜矢子

福岡亜矢子

  1. こんにちは。3児の母、スタッフ福岡です。

子どもができてから格別、秋晴れの日の朝が大好きです。

 

温度、空気、秋の香りを感じながら家族を想う時間。

季節を敏感に感じながら楽しめるようになったのも

親になってからではないでしょうか。

10月もよろしくお願いします。

 

さて今日はおままごとキッチンの中でもコンパクトな物をご紹介します。

 

IMG_4647

子どもは床に座って遊ぶのが大好き。

ミニキッチンセット(フライパン、鍋、フライ返し&おたま 付き)

出産のお祝いや1歳の誕生日のプレゼントにも大好評!のこちらの商品。

コンパクトな中にも流し、コンロ、オーブンがあり

ママの様子を再現するかのように一連の流れを真似しながら、

お料理を作ってくれる姿が可愛いです。

 

IMGP8894

 

モデルさんの4歳の女の子も火加減にも気を配り、

きっとお料理の仕上がりも違うよね。

 

IMG_4648

 

何?何?

今度は妹ちゃんのために離乳食を作ってくれてるのかな?

 

お次は

【ミドルキッチンセット(フライパン、鍋、フライ返し&おたま 付き)】

こちらはミニキッチンセットより少し高さのあるままごとキッチン

付属品のフライパンや鍋なども少しずつ大きいセット

 

IMGP9749

 

お魚グリルもあるのでお魚も一緒に♪

と選んでくれる親御さんも多いんです。

 

IMGP9757

 

まずは小物から…

という方にはこちらの食器セットもおすすめですよ。

 

IMGP9717

 

プレート以外は全て2組セットです。

ごっこ遊びにはお相手の分も必要ですもんね。

 

うちの子ども達も必ず「ママの分も!」とプレートに乗せて運んでくれました。

小さくても、おもてなしはばっちりですよね。

 

そして 食材もどれも可愛くて選びきれない〜!

と悩まれる方にはこんな食材セットもありますよ。

 

IMGP9726

 

蓋付の木箱に入っていて包丁、まな板、食材も収納可能です。

 

IMG_4642

 

マジックテープでくっついているので優しく切ることができますし、

まな板に包丁の当たる音も心地いいですよ。

 

これらの商品を5000円以上のご購入で

花はじき&チェーンリングの小さなセットをプレゼント(先着20名様)

10月15日まで開催中!

 

他にも大きなサイズのままごとキッチンなど、

いろいろと揃ってますので、是非この機会に店頭でご覧くださいね。

 

 

木のおもちゃデポー本店 ままごとミニキッチン
木のおもちゃデポー楽天店 ままごとミニキッチン

 

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

 

 

福岡亜矢子

福岡亜矢子

アナログゲームが我が家の「ブーム!」

福岡です。

最近我が家でアナログゲームがブーム。

そのおかげでTVの時間がほとんど無くなり、

音楽だけ聴きながら子ども達とゲームをしたりして

家での過ごし方を見つめ直すことができました。

 

IMG_1251

 

時間を見つけては、子ども達にゲームに誘われる日々。

10~15分で1ゲームできるので家事の手を止め

ちょっとだけ参加して一緒に盛り上がってます。

 

最近はアナログゲームの良さや必要性を感じて、

お買い求めくださるお客様が増えています。

お子さんがいる方はもちろん、

今度友達と集まるので見に来ました!という方も。

 

ゲームを通じて集う時間が増えることで

【コミュニケーションの時間が心を育てる大切さ】

広がっていくことがとても嬉しいです。

 

今日は数あるアナログゲームの中で

最高にシンプルなゲームをお伝えします!

色がわかる年齢から始められる「スティッキー」

2~4人で遊べるバランスゲームです。

 

DSC09541

 

有名なゲームなので見かけたことのある方も多いはず!

デポーでもずいぶん昔から店頭に並んでいる

定番アナログゲームです。

 

~ゲーム内容~

 

黄色のスティック(1点)9本

赤色のスティック(2点)9本

青色のスティック(3点)9本

リング 1個

色サイコロ 1個

 

年齢:3歳~

人数:1~4人

所要時間:10分

 

~ゲームの目的~

色サイコロを振っての出た色のスティックを

倒れてしまわないようそーっと引き抜きます。

 

棒を集めて一番たくさん得点できるのは誰でしょう?

 

IMG_4806

 

バランスを崩しリングが落ちてテーブルについたら

ゲームは終了。リングを落とした人以外は

手持ちスティックの点数を合計し多い人が勝ちです。

 

小さなお子さんが遊ぶ場合は

・色サイコロなしで順番に抜いていき崩したら負け!

色がわかるようになったら

・色サイコロを振って、出た色のスティックを抜いて

崩したら負け!でも充分楽しめますよ。

IMG_4585

棒が抜かれる度に、束は少しずつ低く

不安定になっていき、緊張感が高まります。

そんなスリルがなんともいえません!

 

何度かしていくうちに、支えている棒が

どれなのかを見極めたり、

微妙な力加減や引き出す角度など

注意ポイントはたくさんあって盛り上がります。

 

IMG_4801

 

スティック、リング、サイコロはすべて木製。

丈夫で振ったサイコロの音や

「カシャン」と崩れる音もも心地いいんです。

 

我が家ではごっこ遊びでパスタに見立てたり、

映画のシーンを再現するために小枝にしたり・・・と

ゲーム以外でも出番が多いのも

この「スティッキー」なんです。

 

お天気の悪い室内遊びとしても、ルールも簡単で

お子さん同士でも盛り上がるので、ぜひこのワクワクを

体験していただけたらなぁ〜と思っています。

 

店頭でも体験していただけますので

お気軽にスタッフまでお声掛けくださいね。

 

お子さんの年齢や、好みによっても

ご提案させていただいてます。

まずはこの「スティッキー」試してみませんか?

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

福岡亜矢子

福岡亜矢子

こんにちは。

 

今回は小さなお子様からでも、じっくりと遊ぶことのできるゲームをご紹介します。

ゲーム「どれがかわったの?」です。

表と裏に同じ絵が描かれていますがよく見ると少し違う?ひっくり返すと、違いがわかるかな?まちがいさがしのカードゲームです。

 

IMG_4432

 

 

人数 2~6人

年齢 4才から

目を閉じて開けるとどれか一枚が変化しているよ。

どのカードのどの部分が変わったかわかるかな?

 

~ルール説明~

シンプルに間違い探しです。カード表裏で少しだけ違うところがあります。

目を閉じている間に一枚裏返して、目を開けてもらい「どれがかわったの?」と声をかけ間違い探しをしてください。正解だったら一枚もらえます。次の新しいカードを並べて・・・目を閉じ間違い探しの繰り返しです。

 

 

 

お子様に合わせてカード枚数で難易度も変えられるのもいいですね。

我が家ではお姉ちゃん(6才)は5~7枚、弟(3才)は3枚にして同時にチャレンジします。

正解率が上がってきたら・・・本人から「一枚増やす!」と意欲的になってくれますよ。

 

 

例えば下のカード上と下でどのカードのどこがかわったの?

 

3BF68858-E7BE-4B54-ADB6-5F19B1C2EA3A

 

答えは右端のカードのかかしのカラスがいる、いないです。

最初は小さなお子様は「なんかちがう~!」とカードだけを指す子もいます。

そのうち違いをどう伝えるか・・・言葉を選びながら回答してくれます。

言葉を引き出すカードのようにも思えてきます。

 

では次の写真はどこがかわったの?

 

CF8141C8-6617-4C40-92C6-340347F6F4F9

 

今度は少し難しいですか?

正解はナイフがスプーンにかわっています。

 

違うところの範囲が小さいと難しいですね。

「お皿の上になにか食べ物があったような・・・」などじっくりと考えてくれる子もいます。

 

絵のイラストによっても変化がある部分が違うので見る部分は様々です。

色や配列、動物の動き、位置関係、個数、本数、長さ幅広いです。

見るポイントが多いのでカードが多くなると大人でも難しいほど。

 

子ども達からどんな言葉や表現方法で答えに導いてくれるでしょう。

楽しみですね。

 

IMG_4431

 

 

簡単に出題者になれるこのゲームは子ども達にも好評です!

大人の方もお子様に出題してもらってください。

ワクワクがこぼれだす満面の笑みで「どれがかわったの?」と言ってくれますよ。

ニヤニヤしながらヒントをくれたりするのが子どもらしくてとても可愛い!

 

観察力、記憶力、判断力・・・

ぜひその方に合う出題の仕方でお楽しみください。

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

福岡亜矢子

福岡亜矢子

こんにちは。

夏休みに突入し、お子様と一緒にご来店のお母さんたちから

「毎日何しましょう…」と次々とご相談を受けています。

 

みなさん毎日どんな風に過ごされていますか?

 

ちなみに我が家は朝も夕方保育園からの帰宅後も

子どもたちがこぞって毎日遊ぶものが

この「レンガ積み木」なんです。

名前の通りシンプルなレンガ型の積み木。

サイズは子どもの手にしっくりくる2×4×8センチ。

 

IMG_3805

 

「同じ形ばかりで、何歳くらいでどんなものを作るようになるの?」

というご質問をいただくことがあります。

 

店頭では実際にレンガ積み木を使いながらご説明させていただいたりもします。

 

今回は我が家の息子の作品を例にお伝えしますね。

秋に4歳になる長男も作品に少しずつ変化がみられ、

今では「足りない!」と言うほどになりました。

息子が今までに作った作品の写真を比較してみます。

 

9F91EF19-F9E1-4CE3-8E0B-A2A1D16DBD2F

 

2歳まではただただ積む。崩す。並べてドミノする。

を繰り返して遊んでいました。

 

写真の上の飛行機を作ったのが2歳になったばかりの頃。

しばらくは少しの積み木で作っていた乗り物が数日後には写真左下の飛行機に!!

 

その頃からお家と言いながら作るものが2階建てになったり、車庫つきになったりも。2歳半には(上の写真)右下の飛行機になりました。(操縦席の)椅子や羽根も立体になったようです。早く飛ぶイメージを言葉で付け加えたりし始めたのもこの頃。

 

「ママ見て!早そう?かっこいいだろ?」(かっこいいでしょー?)と見てほしいポイントや改良したところをアピールしてました。

 

その後も日に日に少しずつ複雑な形や構造に・・・折り紙などはまだまだ不器用でしたが、持ちやすく積みやすいこのサイズの積み木は思った「形」を表現するのにぴったりなんです!

 

自分の【好き】や【好み】が作品になるので親の私にも手に取るようにそれが伝わってきました。

 

 

IMG_4039

 

長女は家やお城、部屋の間取りなどをよく作っていましたが、息子はやはり乗り物が多かったです。

 

2歳半以降は下の写真のように飛行機は大きくなり、

飛行船や宇宙船などテーマも増えて格納庫まで作るようになっていました。

 

お人形などを乗せて作った作品でお姉ちゃんとごっこ遊びをするときは・・・

弟「のったかな?」

姉「はい。のったわ。」

弟「出発するぞ!準備はいいか?」

と言うふうに。

 

この時に登場するのがグリム社カラフルフレンズです。

レンガ積み木とのサイズ感も程よく白木の積み木に

ナチュラルなカラーがアクセントになります。

 

IMG_4040

 

最近は宇宙飛行士やロケットにも興味があるようで、

こんな手の込んだロケットを作る日々。

息子の積み木の並べ方には面白い特徴があり、

全部の積み木を左右対象に置いています。

上の写真のロケットも裏側まで左右対象で放射線状に広がりがあるんです!

 

IMG_3819

 

先日は「より高く!」を目指してこんな大作も!

下の方の積み方も息子なりの決まりがあるようで面白いなぁ。

 

IMG_3813

 

お姉ちゃんはなんと壁から自分が入れるくらいの家へ発展!

 

IMG_3947

 

お姉ちゃんが虹色トンネル(特大)を組み合わせ出したら…

 

IMG_3990

 

息子も違うカラーの虹色トンネル(特大)を足して、

シュ〜ッとレンガ積み木を滑らせます。

 

IMG_4037

 

6歳の娘も毎回違うものを作りますが・・・

迷路とお人形や動物積み木を結びつけてこんなダイナミックな作品も!

 

IMG_4036

 

IMG_4038

 

レンガ積み木で囲って池を表現してるのがポイント!

 

創造力、想像力、観察力、空間能力、問題解決能力など…

毎日遊ぶ中で少しずつ成長しているのが分かります。
全て同じ形のレンガ積み木で作ったとは思えないほど、

作品それぞれに表情を変えるので本当に不思議!

 

子どもたちと作り始めたら親の私が置いてけぼり。

想像力溢れる子どもたちからアドバイスもらう場面が多々あります。

 

作ったものを次の日まで残しておいて、

作品作りの続きを楽しむのもいいですね!

 

長~い夏休みだからこそ、子ども達が

たっぷりと遊べる環境作りをしていきたいですね。

 

======================

 

木のおもちゃデポー

食と暮らしと絵本のお店デポーplus*

徳島市沖浜町南開330-1

088−656−0636

(8月20日まで月曜日も休まず営業)

営業時間 10時~18時

駐車場は店舗前に10台 店舗裏に5台

 

福岡亜矢子

福岡亜矢子

Return to Top ▲Return to Top ▲