なんど経験しても緊張するテレビ撮影。

 

カメラが回っていないときは伝えたいことが

 

すらすら出てくるのに、

 

いざ回りだすとしどろもどろ。(´∀`)

 

%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%88%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%9e2016110801

 

突然のフリは大丈夫なのですが、

 

事前に打ち合わせをして『答える内容が決まっている』のって

 

どうも苦手です。

 

自然なスタイルが好き。

 

 

 

「木のおもちゃの一番の魅力を一言で語ると?」

 

この質問に既に答えられませんでした。

 

「い、い?いちばん?」

 

魅力がたくさんありすぎて一言にまとめられません。

 

%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%88%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%9e2016110802

 

とにかく好きなところがたくさんあって

 

選べないんですね。

 

 

 

「流行を追わず、子どもの発達に合わせた本来あるべきおもちゃの姿をずっと守り続けている」だけでもないし・・・。

 

「あたたかい」とか「やさしい」おもちゃは他にもあるし・・・。

 

「洗練された美しいデザインやカラーリング」だけもないし・・・。

 

「安心安全を配慮した」こともお伝えしたいし・・・。

 

 

 

とても難しい質問です。(´∀`)

 

一言では答えられません。

 

多分、2~3日は必要かな?

 

 

%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%88%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%9e2016110805

 

 

 

テレビの取材を通して見えてきたもの・・・。

 

 

 

 

それは、ボクは『木のおもちゃ』をむちゃくちゃ愛しているんだってこと。

 

 

%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%88%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%9e2016110806

 

 

 

そして『家族の愛情を深めるお手伝いができる』この仕事が本当に大好きなんだな~と。

 

この仕事を守っていきたいって思う『仲間と一緒にいつまでも居たい』んだな~~てこと。

 

 

 

 

 

みんなに支えられてここまで来ました。

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

高田健司

高田健司

おすすめ記事

新着記事

子どもたちが自分たちの生活を主体的に作っていける家具

  【子どもと大人の居住まい】 子どもを取り巻く住環境は大人にとっても大切な空間

赤ちゃんの抱っこはお母さんのお腹から?

こんにちは 連日寒い日が続きますね。 今まさに!寒さに負けない身体づくり…我が家も3人の子

革作家・トリトヒツジさんの永く愛用できる革小物つくり

  前回好評だった 革作家トリトヒツジさんに教わる「革小物の会」。  

Return to Top ▲Return to Top ▲