気持ちの良いお天気が続き

気分もウキウキしてきますね。

 

そんなこの頃、

いろんなことを知りたいとパソコンの横に本を山積みに。。。

積んでるだけなんですが、、、

昨日は和久洋三の「はじめて出会う童具『ボールと球』」を読みました。

 

名称未設定-1

 

和久さんはデポーでも人気の「さくらんぼ」や

ケルンボール」「カラーボール」をデザインされた方でデザインと呼んでしまうにはあまりにも深い哲学を形にした童具たち・・・。本を読むと、

とても「さくらんぼ」や「ケルンボール」「カラーボール」をおもちゃとは呼べなくなってしまいます。

ひれ伏して「童具」と呼ばせていただきます。

 

 

さて今日はその中の「カラーボール」を紹介させていただきます。

 

ドイツの教育学者、幼児教育の生みの親でもあるフレーベルの言葉から発想を得て造られた「カラーボール」は、ブナ材をくりぬいた椀と6色の球だけのシンプルな童具です。

 

 

カラーボール」を、赤ちゃんの前にそっと置くだけで、ボールをお椀から出したり入れたり、カチカチ打ち合わせたり、お椀の中でカラカラ回したり、床の上をコロコロ転がしたり、赤ちゃんが夢中になり、自分で遊びを創り出す不思議な童具です。

カラーボールカチカチ

 

 

球は安心のかたち

 

赤ちゃんの柔な手に、角のないまろやかな手触りは子どもの心を和ませます。

ボールも木製ですので、カチカチ叩くと音色も魅力

もちろん塗料も安心安全、赤ちゃんが舐めても大丈夫!

サイズもお口にすっぽりとは入らないサイズにできています。

 

カラーボール2

 

シンプルだから広がる遊び

 

お椀の中のボールをひっくり返したり、落ちたボールの動きをじっと眺めていたり、わざと手からボールを落としてみたり、「カラーボール」で遊ぶ赤ちゃんを眺めているとまるで実験をしているみたい。

DSC06345

遊ぶうちにボールの動きに自然の法則(秩序)を見つけ出したり、新しい遊びを創造したりしているのがよくわかります。

 

遊び方の決まっていないシンプルな童具だから、赤ちゃんの持つ本能やその時々の発達に添い遊びが広がるのでしょうね。

カラーボール追いかけ

 

感覚を豊かに

 

コロコロ転がるボールを追いかけてハイハイ したり

ボールを触り、追いかけ、「落としてみたら転がった」などボールとふれあう中での体験は、外部の脳と言われている手先を器用にさせるだけではなく、感覚を養い知的発達をうながします。

カラーボール伏せ

 

お母さんと一緒もいいね

 

一人でも集中して遊ぶカラーボールですが、お母さんと一緒に腕で伏せたボールを「いないいないバァ」したり、歌を歌いながら椀の中でボールをくるくる回して遊ぶのもいいですね。ボールの数や色を変えて回すとまた表情が変わります。

 

カラーボール1

 

ただ眺めているだけでも美しく

 

椀の中でお花のように並んだボールは眺めるだけでも美しく、

虹の色順に並べると秩序を感じ、背筋が伸びる思いがします。

 

人間が本能として持ち合わせているものと、赤ちゃんの発達を知り、造られた童具なんだろうなぁ〜とつくづく思う「カラーボール」です。

 

お店では実際にカラーボールで遊んでいただけます。

ぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

HPはこちらから

木のおもちゃデポーHP本店 「カラーボール」

木のおもちゃデポーHP楽天店 「カラーボール」

 

 

お問い合わせは

木のおもちゃデポー

徳島市沖浜町南開330-1

☎088−656−0636

(月曜定休or祭日月曜は営業で火曜休み)

駐車場は店舗前に10台
店舗裏に5台

立石綾子

立石綾子

おすすめ記事

新着記事

パズルの修理

過ごしやすい季節になりましたね。 虫たちの声を聴きながら、ゆっくりお家遊びも楽しめそうです

オリジナル木の時計展

  オリジナル木の時計展 ~愛おしいもの、大切な時間~   今回の展示

アイロンビーズでオーナメントを作ろう!

  気が付けば10月半ば。 今月末はハロウィンですね。 デポーでは今週から月末ま

Return to Top ▲Return to Top ▲